Y!mobile(ワイモバイル)の詳細

大手キャリアのサービス・通信速度と格安SIMの安さという2つの良さを持っているY!mobile。

楽天モバイルやOCNモバイルONEのような人気格安SIMサービスと比べると今一歩知名度が足りていないような印象がありますが、Y!mobileの強みとしてドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ大手キャリアでありながら低価格で格安SIMを提供しているという点があります。

ここではY!mobileの特徴やおすすめポイント、注意点やデメリットなどについて詳しく解説していきます。

Y!mobileの特長とおすすめポイント

格安スマホが話題になっている理由とY!mobileの立ち位置

最近はテレビCMでも頻繁に見かけるほど格安スマホが世間に浸透してきました。

意外なことに新しもの好きの若い人だけじゃなくシニアにも格安スマホに興味を持つ方は少なくないようで、地方新聞などにも度々取り上げられています(トラブルも聞きますが…)。

どうしてここまで格安SIM・格安スマホが人気になったのかというと「多くの方が今の大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)に不満があるから」だと思います。

私も大手キャリアの横暴に嫌気が指して格安SIMに移行した人間ですから、皆さんの持っている不満の内容はだいたい分かっています。

よく挙がる不満といえば以下のような点だと思います。

  • 料金が高い(一人あたりの平均は月額7,000円~8,000円とのこと)
  • 2年縛りがある(違約金なく解約できるタイミングは2年のうち2カ月だけ)
  • 料金プランやオプションが分かりにくい(カケホーダイオプションやspモードが必須など)

大手キャリアから格安SIMに移行すれば月額料金は2,000円~3,000円程度に抑えられる場合がほとんどですから、人によっては月々5,000円~6,000円もの節約になるというわけです。

年間にして60,000円ものお金が浮くわけですから、格安SIM・格安スマホが話題になるもの分かりますよね。

Y!mobileは大手キャリアの分類でありながら格安SIM・格安スマホを提供しているという珍しいサービスです。

それどころかスマートフォン・ガラケーだけじゃなくPocket WiFi(モバイルWi-Fiルーター)を契約することもできるため、持ち運べる家庭用回線としてUQコミュニケーションズのWiMAX 2の対抗馬になり得るとも考えられます。

このように一般的なMVNOと違い選べるサービスが幅広いのは大手キャリアであるY!mobileならではメリットではないかと思います。

キャリアメール(@ymobile.ne.jp)がもらえる

大手キャリアから格安SIMに移行するときの問題点として挙げられるのが「キャリアメールが使えなくなる」ということ。

数年ほど前からMNP(携帯電話番号ポータビリティ)によって電話番号の変更なくMVNOを含めた他社に移行できるようになりましたが、メールアドレスまでは引き継ぐことはできません。

ここがネックになって大手キャリアから離れられない人も多いかと思います。

普段あまり意識している方は多くないかもしれませんが、そもそもキャリアメールというのはGmailやYahoo!メールなどのEメールとは分類が異なるのです。

基本的に携帯電話はパソコンからのEメールが受信拒否設定になっていると思いますが、携帯電話のメールアドレス(キャリアメール)からは受信可能ですよね。これがキャリアメールならではの利点です。

また今でこそ各種スマホ系ウェブサービスの認証は電話番号によるSMS(ショート・メッセージ・サービス)が使われることが多くなってきましたが、未だにキャリアメールを使わなければ認証できないサービスも存在します(例:ゆうちょのオンラインバンキングサービス等)。

このように未だにキャリアメールがネット上の身分証明として使われている場合もあるため、こういったときにキャリアメールが使えないとなると余計な回避策を考えなければならなかったり、不便が生じてしまうことがあるんですね。

基本的に格安SIMを提供するMVNOにはキャリアメールが付属されていません。

つまりこのことは大手キャリアから格安SIMに移行する上での大きなデメリットとなってしまうというわけです。

しかしその点Y!mobileは安いながらも(分類としては一応)大手キャリアという立ち位置ですから、格安SIMに近く安い月額料金にもかかわらずキャリアメールが使えるという唯一無二の魅力があるのです。

LINEの年齢認証が可能

格安SIMに移行したときに問題になるのが「LINEの年齢認証問題」です。実は格安SIMを提供しているMVNOではLINEの年齢認証を突破することができないのです。

2016年にサービス開始したLINEモバイルが唯一LINEの年齢認証を突破できるMVNOとして話題になりましたが、自社サービスであるためこれは例外中の例外でしょう。

LINEモバイルのメリットを考えるとおそらく今後も格安SIMにおけるLINEの年齢認証問題は解決されないのではないかと思います。

その点Y!mobileは格安SIMサービスのように見えて実はソフトバンク回線を使った大手キャリアの分類ですから、LINEの年齢認証を突破することができるのです。

ちなみにLINEの年齢認証ができるメリットとしては「ID検索からの友達追加」が可能になる点です。

ID検索ができないとなると「自分専用のLINEのURLやQRコードを発行して相手にメールで送信」「ID検索のときだけPC版LINEを使用する」など面倒な手順を踏まなければならないためとにかく不便なのです。

もっともLINEをあまり多用しない方ならID検索が使えなくてもさほど問題ないかもしれません。

しかしLINEを普段から通話・連絡ツールとして利用しているような方にとってはY!mobileの「LINEの年齢認証を突破することができる」という点は大きなメリットになるのではないでしょうか。

Y!mobileの注意点

格安SIMサービス(MVNO)と比べると少々割高に感じるが…

Y!mobileはいわゆるMVNOではないのですが、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアと比べると遥かに低価格であることから、どちらかというと格安SIMとして分類されがちです。

そのため格安SIMを提供するMVNO(楽天モバイル・OCNモバイルONE・UQmobileなど)と比較される機会が多いと思うのですが、月額料金だけでみると少々割高なんですよね。しかしこれには理由があります。

Y!mobileはドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ第4の大手キャリアという立ち位置ですから、格安SIMを提供しているとはいえサービス面はどちらかというと大手キャリアに近いのです。

MVNOは大手キャリアと比べると余計なサービスを排除またはオプション化することにより低価格化を実現しているのですが、Y!mobileの場合は大手キャリアのように最初から10分カケホーダイがプランに組み込まれているため、実際には一般的なMVNOの月額基本料金+10分かけ放題オプションと大差ない(または若干安い)価格なのです。

また家族割引サービスがMVNOよりも強かったり(一人につき500円/月額引き)スマホだけじゃなくガラケーにも対応していたりなど、随所に大手キャリアならではの強みが見られます。

こういったメリットがありますので、単純に月額料金だけで比較するのではなく提供しているサービスまで考えて検討してみると、少々割高に見えるY!mobileの月額料金も納得できるかと思います。

Y!mobileの通信速度や使いやすさ

通信速度がソフトバンク並というメリット

Y!mobileはいわゆる格安SIMを提供するMVNO(大手キャリアから回線の一部を借りて運営している会社)ではなく、分類としてはドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ第4の大手キャリアという立ち位置になっています。
実際にはソフトバンクの回線を使っているため、ソフトバンクの亜種といったところですね。

格安SIMを提供するMVNOは大手キャリア(ほぼドコモ、一部au)から回線を一部借りて運営しているため、その会社の規模や運営方針により通信速度・通信品質がバラバラなのが現状です。

これは大手キャリアからどれだけの通信網を購入・確保してユーザーに提供しているかという部分だと思うのですが、そのためかサービス開始当初は早かったのにユーザーが増えたら通信速度が落ちたなどの話もよく聞きますね。

現在国内に500~600も存在すると言われているMVNOの中でサービス開始当初から常にトップクラスの通信速度を誇っているのが唯一のau回線専門MVNOであるUQmobileです。

一般的にMVNOは「大手キャリアから回線を借りる」という性質上、通勤時間帯やお昼休みなど回線が混雑する時間帯は通信速度が落ちるというのが当たり前の認識になっているのですが、その中でUQmobileは混雑時にも大手キャリアと変わらない通信速度を保っているとまで言われているほど。

理由としてはUQmobileはKDDIのグループ会社であるためauからの直接支援を受けているのではないかと思いますが、その点ではY!mobileも負けていません。

Y!mobileは大手キャリアであるソフトバンクの回線を「一部借りている」のではなく「そのまま使っている」のですからMVNOの人気トップクラスであるUQmobileと同等かそれ以上の通信速度・通信品質を持っているのではないでしょうか。

内情は分かりませんが、このあたりはau対ソフトバンクのような状態なのかもしれませんね。

Y!mobileはMVNOと同様に格安SIMのみの契約もできるのですが、やはり厳密にはMVNOという分類ではないため今一歩話題になりにくいのが難点です。

大手キャリアと格安SIMの中間地点にいるようなY!mobileですが、ソフトバンクと同様の通信速度・通信品質を備え、MVNOと近い料金体系の格安SIMと考えればもう少し注目されてもいいのではないかと個人的には思いますね。

大手キャリアほどの月額料金は出せないけど通信速度・通信品質は欲しいという方におすすめです。

Y!mobileの対応端末や契約する方法

Y!mobileで使用できる端末はSIMフリーかSIMロック解除が必須

Y!mobileは大手キャリアの分類でありながら、多くのMVNOのように格安SIMのみ契約も可能となっています。

ただそうなると現在使っている手持ちの端末を利用してSIMカードのみを安く契約したいと思う方も多いはず。

また多少格安SIMに詳しい方であれば「ソフトバンク回線を使っているのならソフトバンクの端末(白ロム)はそのまま使えるはず」と考えつくでしょう。ところが残念なことにそうではなく、Y!mobileはソフトバンクの端末であろうとSIMロック解除が必要となります。

ということでY!mobileで使用できる端末をまとめると

  • 市販のSIMフリー端末
  • SIMロック解除済のドコモ・au・ソフトバンク端末
  • Y!mobileで購入する端末

のどれかになりますね。ソフトバンク回線はドコモと同じくメジャーな通信帯域(バンド)を使っていますので基本的にどの会社の端末でも使えると思います。

ただし端末によってはテザリングが不可であったり例外もあるようなので、使用したい端末が決まっているのであればY!mobileの公式ウェブサイトにある「接続実績のある他社端末」から一度チェックしてみることをおすすめします。

接続実績のある他社端末
http://www.ymobile.jp/service/others/simonly/index.html

Y!mobileを契約する方法

Y!mobileを契約するには二通りの方法があり、Y!mobileのオンラインショップから契約する方法と全国のワイモバイルショップ・取扱店(お近くの電器店など)で契約する方法があります。

自分のペースでじっくり進められること、また自宅に居ながら好きなタイミングで契約できるお手軽さから個人的にはオンラインショップ経由で契約することをおすすめしますが、手続きに不安がある場合やショップの方と相談しながら決めたい場合などはお近くのワイモバイルショップや取扱店で契約するのも良いかと思います。

また契約の際に必要になるものはオンラインショップで契約するかワイモバイル取り扱い店で契約するかによって変わるのですが、オンラインショップ契約の場合はクレジットカード払いしか選べないかわりに手続きが簡単になっています。

また新規でのスマホプランの複数回線の申し込みはオンラインショップでは不可能となっていて、その場合はワイモバイル取り扱い店で契約する必要があります。

オンラインショップで契約する際に必要なものは以下になります。

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号(必要な場合のみ)

Y!mobileをオンラインショップで契約する場合は一般的なMVNOの契約と大差がなく、事前にMNP予約番号を取得しておけば特に難しいことを考えることなく完了することができるでしょう。

本人確認書類も郵送する必要はなく画像のアップロードで済みますので非常にスマートですね。

またワイモバイル取り扱い店で契約する場合は口座振替も選べますので、その場合は本人名義のキャッシュカード・通帳と金融機関お届け印が必要になります。

クレジットカード払いを選ぶ場合も本人名義のクレジットカードの他に印鑑(シャチハタ不可)が必要となりますので、このあたりは大手キャリア的な契約方法だと言えますね。

Y!mobileをおすすめする人とおすすめしない人

格安SIM・格安スマホを提供していながらもMVNOではなく大手キャリアとしての分類であるY!mobileは、MVNOと大手キャリアのいいとこ取りといった印象があります。

Y!mobileは大手キャリアでありソフトバンクの回線を使っているため、MVNOでよく言われる「混雑時は通信速度が遅くなる・安定しない」というデメリットが存在しません。

Y!mobileをおすすめできる人としては「大手キャリア並の通信速度・サービスは譲れないが、月額料金は格安SIM並に抑えたい」という欲張りな人でしょうか。

実際Y!mobileを見ているとそういう人をターゲットにしているのではないかと思うようなサービス展開をしていますね。現在ドコモ・au・ソフトバンクを契約しているが格安SIMサービスはよく分からない、という方にもぴったりだと思います。

もちろんY!mobileにデメリットがないわけではありません。自分で細かい部分まで調べることができて自分に合ったMVNOと最適なプラン・オプションを選べる人であればもっと安く上げることは可能だと思います。

ただし格安SIMが話題になってきているとはいえ現在の普及率は未だ15%程度、まだまだ大手キャリアから離れられない人は多いようです。

そういった意味では大手キャリアのサービスと格安SIMの安さという2つのいいとこ取りをしているY!mobileは唯一無二の格安SIMサービスだと言えるでしょう。