なぜ格安SIMは安く契約できるのか!カラクリを詳しく解説

格安SIMに興味を持たれている方もおられるのではないでしょうか。最近では大手携帯キャリアのスマホから格安SIMへ乗り換える方も増えていますし、多くのスマホユーザーが格安SIM、スマホに注目しています。また、どうして格安SIMは安く契約することができるのかという疑問を抱いている方もおられるでしょうから、ここでは格安SIMが安く契約できるカラクリについてお話したいと思います。

格安SIMとは

そもそも、その前に格安SIMとは何?という方もおられるかもしれません。まず、SIMというのはスマホに挿し込む小さなカードのことです。携帯ショップでスタッフの方が目の前でSIMカードを差し込むところを目にしたことがある方もおられるでしょうが、小さくて白いカードがSIMカードと呼ばれるものです。このSIMカードはスマホの契約者を識別するためのもので、さまざまな個人情報が詰まっています。このカードを挿し込むことで初めてそのスマホが利用できるようになりますし、スマホの所有者を明確にできるのです。

格安SIMとはMVNOが提供しているSIMカードのことです。MVNOは大手携帯キャリアの通信回線を利用してサービスを提供している事業者で、格安スマホ会社と呼んでも差し支えないでしょう。現在ではさまざまな格安スマホ会社が存在していますし、それらの事業者が格安SIMを提供しています。格安SIMをSIMフリー端末に挿すことで格安スマホとして利用できるようになります。

安く契約できるカラクリ

ここでは格安SIMがどうして安く契約できるのか、そのカラクリについてお話したいと思います。格安SIMというくらいですから当然安く契約できるのですが、どうして安く契約できるのかという理由を詳しくご存じという方は少ないのではないでしょうか。大手携帯キャリアといったい何が違うのか、どうしてキャリアに比べて破格の料金でサービスを提供できるのかなど考えると謎がたくさんありますよね。安く契約できる一つ目の理由として、通信設備への投資や回収が必要ないということが挙げられます。

格安SIMを扱っている格安スマホ会社では自社の通信回線を持っていませんし、当然通信設備なども所有していません。大手携帯キャリアは長い年月をかけて基地局などを増やしてきましたし、そこに莫大なコストをかけてきました。アンテナの設置や基地局の整備などには莫大な費用がかかりますし、大手携帯キャリアは通信回線の拡大と安定のために想像もつかないような投資をしてきたのです。当然、投資してきた金額は回収しなくてはなりませんし、どこから回収するかというと契約者から回収します。

大手携帯キャリアがこれまでにどれくらいの費用を投じてきたかは不明ですが、生半可な金額ではないでしょう。全国各地にアンテナや基地局を設置していますし、設置するだけでも相当な投資をしているはずです。しかも、一度設置してしまえばそれでお終いということはなく、定期的なメンテナンスなども必要となります。一箇所ならともかく日本全国に数多くの基地局や通信設備がありますし、それらを定期的にメンテナンスするとなるとこれも相当な費用になってしまうのではないでしょうか。ここで発生するコストに関しても当然回収しなくてはなりませんし、結果的にユーザーから回収することになります。大手携帯キャリアのスマホ月額料金が高いのはこうした理由があります。

一方の格安SIMを扱う格安スマホ会社ですが、先ほども言ったようにこちらは自社で通信設備や基地局などを一切持っていません。では、これらの事業者がどのようにしてサービスを提供しているかというと大手携帯キャリアの通信回線をレンタルしています。自社で設備を構える必要がなく、メンテナンスの費用なども必要ないため運営コストを非常に低く抑えることができるのです。一から通信回線を構築していくとなると時間も費用も半端なくかかってしまいますが、大手携帯キャリアの通信回線をレンタルすることで低価格でのサービスを実現しているのです。

「レンタルしたほうが高くなるのでは?」と思った方もおられるでしょうが、日本全国に基地局を建てて定期的にメンテナンスすることに比べたら遥かに安いコストとなります。通信設備への投資がないからこそ格安スマホ会社は低料金でのサービス提供を可能としていますし、これが大手携帯キャリアとの違いとなります。

通信速度はやや遅め

これは人によって感じ方や捉え方が異なるかもしれませんが、格安スマホ会社を利用したほうが通信速度がやや遅いです。キャリアから回線をレンタルしているわけですが、時間帯によっては回線が混雑してしまいうまく繋がらなかったり、通信速度がやや遅くなってしまうということがあります。安くサービスを提供できているのはこうしたことも理由の一つなのかもしれません。ただ、これは先ほども言ったように人によって感じ方が異なりますし、人によっては格安スマホでもまったく通信速度の遅さを感じないということもあります。

実際、格安スマホを利用している方の多くが通信速度に不満を持ったことがないという声も聴かれます。ネットの使用環境や使い方、端末などによっても変わってくるでしょうから、一概に通信速度が遅いとは言えません。ただ、通信速度がやや遅いという指摘が実際にあるのも事実ですし、それが低料金でのサービス提供に間接的にでも関わっているのかもしれません。

サポートなどの品質

格安SIMを扱うMVNOが安く契約できるカラクリですが、これがもっとも大きな理由かもしれません。大手携帯キャリアだと端末に何か不具合が起きたり、問題が生じたときなどはすぐにサポートを受けることができます。なんせ大手携帯キャリアは日本全国に店舗を展開していますし、お店に足を運べば専門スタッフがしっかりと対面で対応にあたってくれます。スマホの操作に関しても目の前でスタッフがやってくれることがほとんどですし、ちょっとした不具合などはその場で直してくれることもあります。これはユーザーにとってはありがたいことですし、頻繁にサポートしてもらっているという方もおられるのではないでしょうか。

一方の格安スマホ会社ではどうかというと、店舗を構えている事業者はほとんどありません。そのため、窓口や対面での対応はまず受けられませんし、サポート体制が充実しているとはとても言えないのが現実です。ほとんどの格安スマホ会社では電話やメールのみのサポートとしていますし、一部の事業者こそ店舗を構えているもののやはり多くの事業者は電話やメールのみでの対応となっているのです。何かあったときにすぐ対応、というわけにはいきませんし、問題を解決するのにしばらく時間がかかった、ということもあるでしょう。

サポート体制が充実し品質も良い、とはとても言えない代わりに安くサービスを提供できているという部分は当然あります。大手携帯キャリアのスマホ利用料金が高いのは店舗やスタッフにかけたコストの回収も含まれていますし、サポート体制が充実しているのも高い理由と言えます。格安スマホ会社はそもそも店舗を構えていませんし、スタッフも必要最低限のうえサポート体制も充実させていないため低料金でサービスを提供することができるのです。

要するに、余計なコストを一切かけていないため安く契約できるということになります。店舗を構えるとなるとそれだけで大きな出費となりますし、大手携帯キャリアのように全国展開しようとすると莫大なコストが発生します。土地代や建物代だけでなく、スタッフを集めるための費用も必要となるでしょうし、スタッフを育てるためにもお金を使うことになります。スタッフ育成のために研修なども行わないといけませんし、お金がいくらあっても足りません。ここでたくさんのお金を使ってしまうと当然そのしわ寄せがユーザーに寄せられますし、料金を高くして回収するしかなくなってしまいます。

安くできるのは理由がある

格安SIM、格安スマホと聞いて安かろう悪かろうと思ってしまう方は多いと思いますが、格安SIMにしろ格安スマホにしろそのようなことはありません。サポート体制が充実していないことが問題、と言われる方もおられるでしょうが、そこを犠牲にしているからこそ低料金でのサービスが可能となっているのです。つまり、格安SIMはできるだけコストを削減することで圧倒的に安い料金でのサービスを可能にしているということになります。

日本人だと格安や激安と聞くとすぐに裏があるのでは、何か変なカラクリがあるのではと疑ってしまう癖がありますが、決して怪しいことをして安くできているわけではありません。安くできるだけの理由がありますし、そこにはさまざまな苦労や努力もあるのです。不要なコストをなるべく省き、その分をユーザーに還元するという考え方だからこそ実現しているサービスとも言えますし、多くの方が格安スマホを利用している現状からもそのニーズの高さが窺えます。決して怪しいことはありませんからぜひ検討してください。

まとめ

格安SIMがどうして安く契約できるのかということについてお話してきました。格安SIMを利用すれば毎月の携帯料金を大幅に安くできますし、年間に換算すると相当な額を節約することもできるでしょう。その分貯金や趣味に回すこともできますし、余分なお金を支払うことはありません。大手携帯キャリアのスマホにもそれなりの魅力やメリットがありますからどちらが良いというわけではありませんが、スマホを安く使いたいという方には間違いなく格安SIMがおススメと言えます。安いのには何かカラクリがあるはずと疑っていた方の疑念もここで晴れたと思いますから、圧倒的な安さで利用できる格安スマホをぜひ真剣に考えてみてくださいね。