スマホのSIMフリーとは?

格安SIMやSIMフリーという言葉を最近よく耳にする、という方もおられるかもしれませんが、SIMフリーというのは携帯キャリアの縛りを受けることなくスマホなどのタブレット端末を利用できることを指しています。SIMフリーの端末なら格安SIMを搭載することで安く利用することもできますが、ここでは格安SIMやSIMフリーについて詳しくお話したいと思います。

SIMフリーの基礎知識

SIMという言葉もよく耳に挟むと思いますが、simというのは契約者を識別するためのカードのことです。すべてのスマホにはこのsimと呼ばれるカードが挿入されていますし、このカードが入っていることで初めてその端末の契約者が誰なのかを識別できます。「そんなカード自分のスマホには入ってないけど・・・」と思った方もおられるかもしれませんが、一度スマホのサイド部分をよく見てください。小さなカードが入りそうな場所が一箇所あると思います。上から蓋がされているため少々分かりにくいかもしれませんが、そこを引き出して中にカードをセットできるようになっています。

大手携帯キャリアが販売しているスマホにはそのキャリアでしか利用できないようにロックがかかっています。これをSIMロックと呼びます。どうしてロックをかけるのかということですが、これはユーザーが他のキャリアに乗り換えないためです。つまり、顧客の流出をロックによって防いでいるということですね。高いお金をかけてプロモーションして集客した顧客ですから、それが他のキャリアに乗り換えないためにしっかりと囲い込んでいるというわけです。

現在では大手携帯キャリアでもSIMロックの解除をしてもらうことができます。以前ではできなかったのですが、2015年から規制によって大手携帯キャリアもSIMロックの解除に応じなくてはならなくなりました。そのため、手持ちのスマホをキャリアの店舗に持ち込んでロックを解除してもらうということは可能です。キャリアからするとあまり喜ばしい話とは言えませんが、これまではSIMロックのせいでユーザーがいろいろなデメリットを科せられることが多かったですから、ある意味仕方のないことかもしれません。

SIMフリーのメリット

具体的にSIMフリーにすることでどのようなメリットがあるのか知りたいですよね。ここまでで何となくSIMフリーにすることでメリットがありそうというのは理解できたと思いますが、やはり具体的にどのようなメリットがあるのか理解できないとなかなか乗りかえることもできないと思います。まず、一つにはキャリアの二年縛りから解放されるというメリットがあります。大手携帯キャリアで契約すると二年縛りがあり、その期間内に解約してしまうと違約金が発生してしまいます。SIMフリーにすることでこうした二年縛りから解放されますし、好きなときに機種変更できるというメリットもあります。

機種変更をしたいのにキャリアの二年縛りのせいでできない、という経験をしたことがある方は多いと思います。それでもどうしても機種変更したい場合には違約金を支払って機種変更をしたと思いますが、これはユーザーにとって大きなデメリットであり負担ですよね。これまではこうした二年縛りには屈するしかなかったのですが、SIMフリーにすることでまったく問題なくなります。二年縛りから解放されることによっていつでも好きなときに自分の好みの機種に変更することができますし、これはユーザーからすると非常に大きなメリットと言えます。

また、料金プランがシンプルというのもメリットではないでしょうか。SIMフリー端末に格安SIMを搭載することで格安スマホとなりますが、格安スマホ会社が用意しているプランというのはシンプルなものばかりです。大手携帯キャリアのプランだといまいちよく分からないプランだったり、必要のないプランがセットになっていたりすることもありますがそのようなこともありません。格安スマホのプランだとデータ容量に応じて料金が変わってくるだけですからとてもシンプルで分かりやすいです。大手携帯キャリアで契約しようとしてプランのチョイスに迷ってしまった、いつも悩んでしまうという方にこそSIMフリーがおススメです。

電話番号もそのまま利用することができます。SIMフリーになると電話番号が変わってしまうのではないかという不安を抱いている方もおられるでしょうが、実際にはそんなことはありません。きちんと手続きをすればSIMフリーでも電話番号をそのまま継続して使えます。電話番号が変わってしまうと友人や仕事関係の人などいろいろな人にそれを伝えなくてはなりませんから大変です。スマホに登録している人数が多くなればなるほど電話番号が変わった旨を報告しないといけない人が増えてしまいますし、できることなら電話番号はそのまま利用したいという方がほとんどでしょう。きちんと手続きをすれば電話番号を変えることなく利用できますから問題ありません。

海外でも気軽に利用できるというメリットもあります。SIMフリーの端末だと海外で現地のSIMを購入して利用できます。海外の空港でsimカードを自販機で販売しているのを見たことがある方もおられるかもしれませんが、あのようなプリペイドのsimをスマホに挿すことで現地でも簡単に利用できるようになります。頻繁に海外へ訪れる方にとっては大きなメリットですし、ビジネスで渡航することが多い方にもピッタリではないでしょうか。
また、格安スマホ会社と契約できるのもメリットです。SIMフリーの端末は携帯キャリアとの契約も可能なのですが、MVNOとの契約も可能です。MVNOは大手携帯キャリアとはまったく無関係の事業者で、格安スマホ会社と考えて差し支えありません。まったくの無関係とは言うものの、ほとんどのMVNOは大手携帯キャリアの通信回線を利用していますから通信の安定性も実現しています。サービス品質は良くその上安いサービスを受けられるのはメリットと言えるでしょう。格安スマホ会社と契約すれば通信料を安く抑えることが可能となりますし、月額の利用料金を大幅に安くすることもできるでしょう。

SIMフリーのデメリット

先ほどまではsimフリーのメリットについてご紹介しましたが、実はデメリットもあります。まず、キャリアのような手厚いサポートはほとんど期待できないと考えて差し支えありません。格安スマホ会社のほとんどはインターネット上で営業しており、実店舗での運営をしていません。大手携帯キャリアだと全国至るところに店舗を構えていますし、お店にいけばキレイなお姉さんが丁寧にサポートしてくれますよね。格安スマホ会社はあらゆる部分でコスト削減を図り、それによって低料金でのサービスを可能としています。実店舗を持たずに運営しているのもコスト削減の一環なのです。

店舗がないということは利用している端末に何か不具合などが起きたときでも店舗に持ち込むことができません。基本的に電話やメールを利用したサポートとなりますし、サポート体制や品質も会社によってまちまちです。サポート体制を可能な限り充実させている格安スマホ会社などもありますが、やはり店舗を構えていないと限界があります。これは大きなデメリットの一つと言えるでしょう。また、大手携帯キャリアのスマホだとキャリアメールが利用できますが、格安スマホ会社ではメールアドレスを貰えないためそれも利用できません。

ほかにも通信速度がやや遅い、無料通話がないなどのデメリットがあります。電話のかけ放題がないというのは特に大きなデメリットかもしれませんが、今は電話アプリなどもありますからそれを利用することでこのデメリットは何とか解消できます。キャリアメールに関しても今はLINEのようなコミュニケーションツールがありますし、わざわざキャリアメールでやり取りすることも少ないでしょう。

メリットとデメリットを理解する

SIMフリーにはメリットもデメリットもあります。ここまでご説明してきましたからほぼ理解できたかもしれませんが、メリットとデメリットの両方をきちんと理解することができれば初めてSIMフリーを有効に活用できるようになるでしょう。メリットばかりに目を向けてもダメですし、かといってデメリットばかりに目を向けるとそれはただのあら捜しになってしまいます。

メリットとデメリットがあるのは当然のことですし、まずはその両方をしっかり理解することです。大手携帯キャリアのスマホよりも絶対にSIMフリーがいい、と断言できないのはメリットとデメリットがあるからですし、大手携帯キャリアのスマホにも当然メリットとデメリットがあります。どちらイイではなく、どちらが自分にマッチしているかということを第一に考えなくてはなりません。SIMフリーのほうが合っているという方もいれば、キャリアのスマホのほうが向いているという方もいます。これは人によってまちまちですから、自分にマッチしたほうを選ぶということが何より大切になってくるでしょう。

まとめ

SIMフリーや格安SIMについてお話をしてきました。最近ではSIMフリー端末を購入して格安SIMで利用している方もたくさんいますし、大手携帯キャリアのスマホから乗り換える方もたくさんいます。それだけ魅力やメリットがあるからだと思いますが、先ほども言ったようにメリットもあればデメリットもあるということをしっかり認識しなくてはなりません。メリットとデメリットを理解できて初めてSIMフリーをきちんと有効活用できるようになるはずです。今後格安スマホに移行する方はさらに増加すると予想できますから、少しでも気になった方は今からでもSIMフリーや格安スマホについて勉強してくださいね。