格安スマホの仕組み

格安スマホという言葉を耳にしたことがある方もおられると思いますが、言葉は聴いたことがあるもののどういうものなのかよく分からない、仕組みがいまいち理解できないという方もおられると思います。

格安スマホは文字通り格安に利用できるスマートフォンということですが、ここでは格安スマホの仕組みについて詳しくお話したいと思います。

現代のスマホ利用料金は高い

スマホの利用料金は人によってまちまちです。契約しているキャリアによっても変わってきますし、選んでいるプランによっても毎月の携帯料金は変わってきます。

人によって月々支払っているスマホ料金はまちまちだとは思いますが、だいたい10,000円前後になることが多いのではないでしょうか。もちろん、もっと安く抑えられているという方もいるでしょうが、中にはもっとたくさん支払っているという方もいるでしょう。

月々の料金は、通話や通信の利用頻度などによっても変わってきますし、たくさんのオプションを付けている方はそれだけで月々の料金が変わってきます。

あるデータによるとスマホ月額利用料金の平均は約6300円くらいだそうです。あくまで平均ですから参考程度に覚えておいてほしいのですが、実際にはこれよりも高いという方がほとんどでしょう。特に社会人の方だとスマホを日常的に利用すると思いますし、ビジネスシーンで利用している方だとこの倍以上の料金がかかっていることもあるでしょう。

スマホは我々の生活に欠かせない必須アイテムとなりましたが、それでも毎月6000~10000円程度のお金がかかるというのはデメリットと感じる方が多いはずです。 確かにスマホがあれば日々の生活は便利ですし、現代人にとってスマホのない生活というのは考えられないことでしょう。

毎朝起きるのにもスマホの目覚まし機能を使っているという方は多いでしょうし、通勤中に音楽を聴くのもスマホ、友人とコミュニケーションをとるのもスマホという方は大勢いるはずです。インターネット上の動画を閲覧したり、ネット通販をしたりとスマホがあればたいていのことはできてしまうのです。

もし、今アナタのそばからスマホがなくなったと考えてみてください。これほど怖いことはありませんよね。 現代人に欠かすことができないスマホですが、やはり利用料金は高いと言わざるを得ません。もちろん、人によってはそんなことない、サービスの満足度に比べたらこれくらいのお金なんてことない、という方もいるでしょう。

しかし、一般の方の感覚からすると毎月6000~10000円前後のお金が飛んでいくというのは痛いです。できることならもっと安くしたい、費用を節約したいと考えるのが普通だと思いますが、そうした想いに応えたのが格安スマホです。

格安スマホの仕組み

格安スマホは大手キャリアではなくMVNOと呼ばれる事業者がサービスを提供しています。携帯電話やスマートフォンはドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアでしか購入できない、契約できないと思っている方が多いでしょうが実際にはそうではありません。

現在ではさまざまな業種の企業がこの業界に参入していますし、意外と身近な知名度の高い企業がサービスを提供していたりもします。このMVNOが格安simや端末を提供することで低料金での利用が可能となるのですが、ではどうしてMVNOが安くサービスを提供できるのかという話になりますよね。

まず、MVNOは自社で回線を持っていません。自社で回線を持っていないのにどうして通信サービスを提供できるのかということですが、それはMVNOが大手キャリアの回線をレンタルしているからです。回線をレンタルしているため通信設備費がかかりませんし、その分コストを抑えてサービスを提供できるということですね。

一からネットワーク回線を構築するとなると莫大な費用が必要となりますし、それだけで相当な投資となります。それを回収するにはそれなりの料金でサービスを提供しなくてはなりませんし、必然的に料金が高くなってしまいます。 MVNOは自社でネットワーク回線を構築していませんから、そこにほとんどコストはかけていません。大手キャリアから回線をレンタルすることによってコストを最小限に抑えていますし、結果的に低料金でサービスを提供できているということです。

キャリアから回線をレンタルすると余計に費用がかかってしまうのでは、と思った方もおられるでしょうが、直接キャリアの回線を利用しているのではなくMVNOの会社ごとにサーバーを所有しています。そのサーバーを経由して回線を利用していますからキャリアのサーバーを利用する必要がありません。それゆえに安くできるのです。

格安simがあれば使える

極端な話ですが、格安simさえあれば今ではどこのキャリアのスマホでも使えてしまいます。

以前だとキャリアがsimロックをかけていましたが、simロックをかかっているスマホでは、契約しているキャリアのsimカードしか利用することはできませんでした。

しかし、今はsimロックの解除も義務付けられ、店舗で伝えればsimロックを解除してもらうことができます。

simロックを解除してもらえれば格安simを大手キャリアの端末に差し替えることができ、それだけで格安にスマホを利用できるようになるのです。

現在では端末と格安simがセット販売されていますから、そちらを利用したほうが現実的でしょう。大手スーパーや家電量販店などでも格安スマホと銘打って扱われていることがありますし、インターネット通販で購入することも可能です。

また、simロックを解除したスマホなら別のキャリアのsimカードも利用できるようになります。高いお金を出して購入した端末がキャリアに縛られてしまうのは不本意ですが、ロックを解除することで端末を有効利用できるようになるのです。

プランやオプションが自由

大手キャリアでスマホの契約をするときに制約が多かったり、ユーザーの選択肢が少ないと感じた方もおられると思います。

あるプランを利用するためにはオプションをつけなくてはいけなかったり、契約に年数の縛りがあるといったこともありますが、MVNO提供会社だとプランやオプションなどのサービスをユーザーが自由に選べます。

ユーザーにかかるコストそのものが低いですから契約に関する縛りのプランなども必要ありませんし、さまざまなお得なプランやオプションを自由に選ぶことが可能となるのです。

また、大手キャリアだとプランやオプションを解除するときに違約金などが発生してしまうことがありますが、MVNOではそれもほとんどありません。

解約料金などを徴収する会社は少ないですし、これもユーザーにとっては大きなメリットと言えるのではないでしょうか。あらゆるコストを低く抑えられていますから、それゆえにさまざまなプランやオプションを低料金で提供できているのです。

さらに、MVNOは大手キャリアのような手厚いサポートがほとんどありません。これをデメリットと受け取る方もいるかもしれませんが、サポートを必要としない方にとってはあってもなくても同じようなものですよね。

サポートがないというのは不安に感じてしまうかもしれませんが、日頃からキャリアのサポートを頻繁に利用しているという方のほうが少ないのではないでしょうか。それほど頻度は多くないはずですし、サポートがなくてもそこまで困ることはないはずです。

MVNOはサポートにかけるコストを削減することで格安料金でのサービス提供を可能としています。サポートを手厚くするとなるとスタッフの教育にもコストがかかってしまいますし、マニュアルの整備などさまざまな面で費用が発生してしまうでしょう。

サポートを手厚くすればするほどコストがかかりますし、それをどこで回収するかというとユーザーから回収するのです。格安スマホはサポートがありませんからその代わりに安く利用できるということですね。

格安スマホの品質

格安と聞くとどうしても品質が悪いのではないかと思ってしまうでしょう。格安=安かろう悪かろうではないか、と思ってしまう方もおられるでしょうが、実際にはそのようなことはありません。

ここでもお話してきたように、格安スマホでは独自のネットワーク回線を利用しているわけではありませんし、大手キャリアの回線を利用しています。

そのため、通話が途中でいきなり切れる、ネットワークへの接続が遅い、通信速度が遅いといったこともほとんどありません。 サービス品質は大手キャリアとほとんど変わりませんし、大手キャリアとほとんど変わらない品質にも関わらず安く利用できるというのが格安スマホ最大の特徴でありメリットです。

何度も言うように格安スマホは安くサービスを提供するための仕組みを構築できていますし、品質を落として安さを実現しているわけではありません。安かろう悪かろうのサービスならここまで格安スマホが注目されることはなかったでしょうし、ユーザー数も伸びないはずです。

現在多くの方が大手キャリアから格安スマホに乗り換えているのは品質が高いうえに安く使えるということを理解しているからではないでしょうか。

まとめ

格安スマホの仕組みなどについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。

まだ少し理解できないという方もいるかもしれませんが、とりあえずは大手キャリアと同じような品質のサービスを低料金で利用できると覚えておけば良いでしょう。

どうしても格安と聞くと品質にも不安を持ってしまうでしょうが、それについても先ほどお話した通りです。

格安スマホに換えれば毎月の料金をこれまでの三分の一程度に抑えることも可能となりますし、経済的な負担も少なくなります。検討してみる価値は十分ありますから、今一度仕組みをしっかりと理解してくださいね。