234823487214

数あるMVNOの中でも抜群の知名度があり、人気ランキングでも常に上位にランクインするOCNモバイルONE。大手なだけあって安定感もあり、また他のMVNOにはない多彩なサービスを展開していることも人気の秘訣です。ここではOCNモバイルONEの特徴・おすすめポイントや注意点、メリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

目次

OCNモバイルONEの特長とおすすめポイント

低速モード(200kbps)が無制限に使える

低速モードを備えているMVNOの中には、低速モードに設定していてもそれも高速データ通信量として換算されるMVNOや、使いすぎると低速モード専用の3日間制限に引っ掛かってさらに低速になるMVNO(IIJmio、DMM mobile)まであるので注意が必要です。その点OCNモバイルONEの場合は、低速モード中は200kbpsながらなんの制限もなく無制限に使えるのが大きなメリットとなっています。それほど通信速度にこだわりがない場合、もっともデータ容量の少ないプラン(3GB/月)を契約しておいて低速モード中心に運用していくというのもありだと思います。

低速モード(200kbps)といっても用途を限れば案外問題なく使えるもの。例えばSpotifyやApple Musicなどの音楽ストリーミングサービス、LINEやSkypeなどの音声通話、インターネットラジオのNHK「らじる★らじる」やradikoなどは低速モード(200kbps)でも割と問題なく利用することができます。

つまり音楽ストリーミングサービスやネットラジオなどをBGMとして長時間流すような場合、事前に低速モード(200kbps)に設定しておくとデータ通信量を気にせずに使い放題できますので非常に便利です。こういう使い方をしようと思っている方にはOCNモバイルONEはおすすめのMVNOです。

3日間制限がない

ほとんどのMVNOには連続する3日間において一定以上のデータ通信をすると速度制限をされる、いわゆる「3日間制限」が存在します。MVNOの中には「データ通信無制限」「ネット使い放題」のプランを売りにしている会社がありますが、それらのMVNOでも基本的に3日間制限があるため、実質使えるのは一日1GB~1.5GB程度と正直使い放題とは呼べない代物です。そのためたびたび論争の種になっているのが現状です。

その中でOCNモバイルONEはその3日間制限が存在しない数少ないMVNOなのです。OCNモバイルONEには通常プランの他に500kbps制限になりますが15GBという大容量を月額2300円という格安で使えるプランがあります。よっぽどのスマホヘビーユーザーだったり、テザリング機能を使ってパソコンでデータ通信などを行わない場合、15GBもあればスマホの通常使用には間に合うことがほとんどだと思います。さほど速度にこだわりがない場合、これと3日間制限がないというメリットを組み合わせれば安価で快適なスマホ生活が送れるでしょう。

月額850円で10分かけ放題

OCNモバイルONEのサービスの一つであり、通常20円/30秒のところを10円/30秒で通話ができるOCNでんわですが、それに月額850円で10分かけ放題オプションを付加することができます。これは10分以内の国内通話なら何度でも使い放題になるというサービスで、2017年2月1日までは5分かけ放題だったところを価格据え置きで10分かけ放題まで拡大されました。他社のかけ放題サービスはまだまだ5分かけ放題のところが多いので、通話を多用する方にはかなり嬉しいサービスなのではないでしょうか。

またOCNでんわは基本的にアプリを使って発信するため(プレフィックス番号を付加すればアプリ経由じゃなくても可能ですが)、10分を超過した通話も10円/30秒と通常の半額の通話料で利用することができるのも特徴です。10分かけ放題だからといって毎回10分以内に通話が終わるとも限りませんので、いざというときにこの部分は安心感がありますよね。

月額基本料が初月無料で初月からプラン変更も可

これはあまり目立たないメリットではあるのですが、OCNモバイルONEは契約した初月の月額基本料が無料で、なおかつ初月からプラン変更ができるのです(多くのMVNOは初月のプラン変更は不可)。これはどういうことかというと、初月の月額基本料が無料なのでとりあえず大きめのプラン(例:20GB/月)で契約しておき、使い勝手を試したあとに月額料金の発生する2ヶ月目からは自分に合ったプランで運用していくということが可能なのです。

多くのMVNOが初月のプラン変更不可というのはおそらくこういう使い方を禁止するためのことだと思いますが、OCNモバイルONEはこれを禁止していない太っ腹さというか、ユーザーとしては便利に使わせてもらえるためラッキーですね。契約時にはMNP転出料や初期費用など色々な出費が重なるため、こういうちょっとしたサービスは有り難いと思います。

050plusの月額料金が無料

OCNモバイルONEならではのメリットとして、050plusの月額料金が無料になるという点があります。ちなみにこれは音声SIMの場合で、データSIM契約なら半額となります。050plusというのは簡単に言うとOCNモバイルONEと同じNTTコミュニケーションズが運営しているIP電話サービスなのですが、特筆すべきなのは通話料の安さ。050plusの場合、固定電話への通話が8.64円/3分、携帯電話への通話が17.28円/1分となっていて、通常のスマホの通話料である20円/30秒(つまり1分の通話で40円)から比べると相当安くなる計算になりますね。

家族向けの通話ならLINEやSkypeを使えばいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、家族が全員スマホユーザーというわけではないはずです。050plusなら固定電話への通話料が8.64円/3分と格安なので、これなら家族にわざわざスマホを持たせてLINEの使い方を覚えてもらう必要もなく非常にスマートですよね。

もちろんこんな便利なサービスが無料のはずもなく通常は月額300円掛かるわけですが、OCNモバイルONEユーザーならこれを無料で利用することができますので、これはOCNモバイルONEならではの大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

OCNモバイルONEの注意点

初月の月額基本料無料は日割りではない

OCNモバイルのONEは契約した初月の月額基本料が無料になるという嬉しいサービスがあるのですが、契約時にはちょっとした注意点があります。公式ウェブサイトのよくある質問でも「料金起算月はお申し込み日の10日後を含む月(利用開始月)とします。」と明記されているのですが、これって少々分かりにくい説明ですよね。どういうことかというと、「申し込みをしてSIMが届いた時点から利用開始できるが、実際に契約が開始するのはその10日後から」ということです。

つまり実例を挙げるとすれば、

5月15日に申し込み

10日後の5月25日から正式に利用開始

初月である5月分の月額基本料が無料

と、上記のようになるのですが、この場合だと実質25~31日までの6日分しか無料にならないのであまりお得感がありませんよね。そこでOCNモバイルONEの初月無料を最大限に活かすのであれば、

5月22日に申し込み

10日後の6月1日から正式に利用開始

初月である6月分の月額基本料が無料

このように一ヶ月まるまる無料にすることができますので、このことを気を付けておくだけでお得ですよね。最終日が31日の月の場合は22日に申し込み、30日の月の場合は21日に申し込むと翌月を初月として無料にすることができますので覚えておくといいでしょう。また一点だけOCNモバイルONEの初月無料が他社の初月無料と違って間違いやすいのは、利用開始日の計算が「SIMを受け取った日」や「実際に利用を開始した日」ではなく「申し込みをした日から10日後」であるという点です。この点にだけ注意してくださいね。

解約手続きの仕方が少々分かりにくい

OCNモバイルONEの解約方法は少々分かりにくい部分があるので注意が必要です。もともとOCNモバイルONEの大元であるOCNはインターネットプロバイダーサービスの老舗であり、OCNモバイルONEはその中のモバイル版のサービスとして運営されているもの。そのためOCNモバイルONEの他に自宅回線としてOCN光を契約している場合、間違えてそちらのIDやパスワードを使ってしまうと自宅用のインターネット回線を解約してしまうこともあり得るので注意してください。

さて実際に解約の手続きを進めていくと「SIMカードの解約」と「全てのOCNサービスの解約」の2種類が出てきて、どちらかというと前者を選びたくなると思うのですが、実はこれは複数のSIMカードを契約していてその中の一つを解約する場合に利用するものです。一枚だけのSIMカードを解約する場合は後者の「全てのOCNサービスの解約」を選ばなくてはいけません。非常にややこしいですね。

解約の際には「お客様番号」「認証ID」「認証パスワード」が必要となります。「お客様番号」に関してはWebから確認する方法がなく、契約時に郵送されてきた契約書や請求書を参照する必要がありますので事前に用意しておきましょう。もし紛失していた場合は電話連絡で確認ができるようです。

また解約日を当日にするか月末にするかを選べるのですが、OCNモバイルONEの場合は日割り計算ではないため、月末まで契約しておいても支払う料金は変わりません。万が一もし月末までにまた使う可能性があるのであれば解約日は月末にしておいたほうが安心でしょう。なお契約の終わったSIMカードは送付費用を自分負担で返却する義務がありますが、返却しなかったことに対する請求は特にないようです。

OCNモバイルONEの通信速度や使いやすさ

OCNモバイルONEの通信速度は数あるMVNOの中では平均的といったところだと思います。これはMVNOの宿命でもあるのですが、やはり混雑する時間帯(通勤時間やお昼休みなど)は速度が落ちる傾向にあります。ただしその時間帯においても全然使えないというわけでもなく「ちょっといつもより読み込みに時間が掛かるな」という程度の印象なので、よっぽどのヘビーユーザーでもない限りはそこまで気にならないのではないかというのが個人的な感想ですね。

OCNモバイルONEはMVNOの中ではトップを争うような人気MVNOのためユーザーの増加も激しく、一時的に速度低下を起こすこともあります。そのため定期的に回線増強を行っているのだと思いますが、ネット上でも通信速度に対する評価はおおむね好評のようです。とことん通信速度・通信品質にこだわろうと思えば3~4倍の料金を出して大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を選ぶことになるでしょうが、大半のユーザーは安くてほどほどの品質のMVNOを選びますよね。そういう観点で見るとOCNモバイルONEは価格・信頼性・通信速度と上手い具合にバランスが取れているMVNOと言えるのではないかと思います。

OCNモバイルONEの対応端末や契約する方法

OCNモバイルONEの対応端末は?

初めてのMVNOとしてOCNモバイルONEを検討しているけど、どの端末が使えるのかよく分からないという方は多いのではないでしょうか。各社MVNOは基本的にSIMフリー端末ならだいたいどれでも使えるのですが、例外や使えない条件というものがあります。ここではOCNモバイルONEで対応している端末・対応していない端末について解説していきます。

基本的にドコモ端末、SIMフリー端末は使える

OCNモバイルONEはドコモ系のMVNOのため、それまでドコモで使用していた端末ならAPN(アクセスポイントネーム)、つまり接続先の設定を変更するだけでそのまま使用することができます。またSIMフリー端末もAPNの設定をするだけで使用できます。またOCNモバイルONEは現在主流のLTE(4G)回線だけではなく3G回線にも対応しているため、3Gのみ対応の少し古い端末でも(3G回線を使用するため速度は多少遅くなりますが)問題なく使用することができます。LTE(4G)端末のみ対応で3G専用端末は使用不可のMVNOも多いなか、この部分に関してはOCNモバイルONEならではのメリットですね。

使用できない端末は?

OCNモバイルONEはドコモ系のMVNOのため、au・ソフトバンクで使用していた端末で、なおかつSIMロック解除していない端末はOCNモバイルONEで使用することはできません。SIMロック解除後の端末なら基本的には使用できることになっているのですが、2015年にSIMロック解除が義務化されたとはいえそれに対する条件がいろいろと難しいのが現状です。面倒なことを考えたくないのであればOCNモバイルONEは端末とセットで契約することもできますので、そちらを検討してもいいと思います。デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応の「gooのスマホ g07セット」なんてコスパが高くておすすめですよ。

iPhoneは使える?

OCNモバイルONEでは、ドコモ版のiPhoneやSIMフリー版のiPhoneは使用することが可能ですが、au版やソフトバンク版のiPhoneは対応していないようです。ただしiPhoneの場合はiOSのバージョンによってテザリングができない端末があるようなので、テザリングを前提にしている方は契約前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

OCNモバイルONEをおすすめする人とおすすめしない人

まとめ

OCNモバイルONEは大手なだけあって全体的に安定感のあるMVNOです。価格も安く特に目立ったウイークポイントも見当たらないため、初めてのMVNOとしても安心して利用できると思いますし、OCNモバイルONEならではのメリットも多く存在するため目的を持って他社MVNOから移行するのにも良いと思います。

OCNモバイルONEをおすすめできる人としては以下の通りです。

  • OCNブランドの安心感を重視したい
  • 3日間制限なしを魅力に感じる
  • 低速モード(200kbps)を制限なく使いたい
  • 通話料半額アプリや10分かけ放題オプションを使いたい
  • IP電話「050 plus」を無料で使いたい

OCNモバイルONEをおすすめできない人は特に考えつきませんが、あえて言うならOCNモバイルONEにはデータ無制限のプランがないので、そういったプランを求める場合は他社のMVNOを検討したほうがいいでしょう。