クレジットカードなしで格安スマホを利用する方法

近年では、利用者の利便性を考え、デビットカードによる決済、口座引き落とし、利用期間を設定したプリペイド式のサービスによる格安スマホの料金の支払いができるようになっている提供会社が増えています。そこでクレジットカードが無くても利用できる方法をまとめてみました。

クレジットカードを使用しなくても利用可能な格安スマホはある

格安スマホを提供する会社が、実店舗の開設を絞り、インターネットサイトでのサービスの完結を図っているためです。

キャリアと差別化してコストを削減するために、インターネットで申し込みから契約までが行えることから、格安な料金でのサービスが可能になります。

決済手段をクレジットカードのみに絞る所が多いのは、決済を一本化することにより、管理がしやすいこと、カードに入会する時に所定の審査を受けるため、一定の信用があると考えられることからだと見られています。

諸事情でクレジットカードを保有するのが難しい方でも、サービスの利用が可能になり、選択肢の幅が広がるでしょう。

カード決済専門の通信会社と比べると、サービスや機種購入の仕方に制約があることもありますが、使いたくても値段の高いキャリア回線の利用をするしかなかった利用者にとっては、重宝するでしょう。

デビットカードで支払う方法

デビットカードを利用できると、確実にサイトに明記されている格安スマホ会社は、楽天モバイルのみです。他の格安スマホ会社では、デビットカードの利用が記載されていませんので、使いたい方は個別に確認するといいでしょう。

楽天モバイルで利用できるのが同系列グループにあたる楽天銀行と、スルガ銀行の2行のカードになりますので、その他のカードを保有している方は使えません。キャッシュカードと一体型になり、口座と紐付けされているため、利用前にどちらかの口座を準備して、デビットカード発行手続きをしておくといいでしょう。

楽天モバイルの特徴と詳細について調べてみました。
楽天モバイル楽天モバイルの特徴と詳細について調べてみました。業界最安値、楽天ポイントも貰える楽天株式会社楽天市場や楽天カードマンなどのCMでお馴染みの楽天グループが運営する格安SIMサービスである楽天モバイル。

決済手段として利用するには、申し込み時にクレジットカードと同様に、カード番号や利用期限等の情報の登録をする必要があります。

決済がされる期間の前営業日までに、口座に十分なお金を用意するようにしてください。決済できない状態が続くと即時決済機能の利用停止となり、二度と利用できなくなります。

スルガ銀行のカードは、中学生以外の15歳以上であれば、入会金や年会費無料で申し込みができます。審査も必要ありません。楽天銀行の場合も同様ですが、国際ブランドやステータス性の高さにより年会費がかかる場合もあります。

できれば、国際ブランドがJCBのカードを選べば、年会費が無料ですし、楽天モバイルの利用料金の1%分が楽天スーパーポイントとして付与されますので、楽天関連のサービスを利用する方には非常にお得になるでしょう。

ただし、楽天モバイルの場合、クレジットカードでの決済利用でないと、機種端末やアクセサリーの分割購入は難しくなります。キャンペーン等で機種代金が安くなっている時を狙って申し込むことを勧めます。

口座振替可能な会社と契約する

料金の支払いで口座振替が可能となる格安スマホの会社は、大手の中でも比較的多いです。ただし、どちらの会社でも、機種代金の分割購入はできずに、一括払い扱いとなりますので、初回の引き落とし日に合わせて入金させておくなどして、細心の注意を払うようにしましょう。

楽天モバイルは、口座振替にも対応しています。ただし、振替手数料として毎月100円余分にかかりますし、キャリア会社からMNPを行う場合は、即日での開通ができないので、余裕を持ったスケジュールを組むように心がけてください。

BIGLOBE SIMの場合は、データ専用のSIMであれば口座引き落としで支払えますので、携帯電話と2台持ちの方に使いやすいでしょう。

BIGLOBEの特徴と詳細について調べてみました。
BIGLOBEBIGLOBEの特徴と詳細について調べてみました。ビッグローブ株式会社

音声通話付きのプランにしたい場合や、様々なプランを使用する可能性がある方は、OCNモバイルONE、ぷららモバイルの格安スマホも利用しやすいです。

OCN モバイル ONEの詳細
OCN モバイル ONEOCN モバイル ONEの詳細エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

申し込み方法は電話受け付けのみですが、通話可能なSIMでもデータSIMでもプランに関わらず選択できるでしょう。

その他の格安スマホの会社では、もしもシークスでは、代理店を通じて保証金の支払いが必要となったり、mineoでは、eo光ネットの会員に登録をして口座振替の申し込みが必須となったりすることがあります。

また、居住地が限定されていたり、地域のケーブルテレビ放送の視聴サービスに加入したりすることが条件として挙げられることもありますので、自分が利用しているサービスに追加するのであれば、とても便利な場合があるでしょう。

プリペイド対応の格安スマホを使う

プリペイドタイプの格安スマホは、SIMカードのみを前払いで購入する使い方になります。

機種購入はセットされていないので、スマートフォンの機種は事前に用意しなくてはいけません。また、契約をせずに家電量販店等の店頭やネットショップから購入できるため、音声通話付きのSIMカードは本人確認が必要になることから、販売されていません。基本的に電話を使わず、インターネットの閲覧、動画視聴、メール等の利用のみとなる方に向いています。

また、スマートフォンをお試しで使いたい場合にも向いています。

購入するには、家電量販店やコンビニでも購入できますが、全ての格安スマホのデータSIMが揃っている訳ではありませんし、レジで代金を支払った後に、サービスサイトで登録をしてから送付されるタイプもあります。ネットショップやプリペイドSIMを扱う会社のサイトから直接購入した方が手間がかからない場合もあるでしょう。

プリペイドのタイプは、一般的な格安スマホよりも料金が高めになる傾向です。

データ容量当たりの金額となり、1GBで2千円する物もあります。通信の低速や高速の調整もできないので、データ料金の節約が難しいこともあるでしょう。しかし、決められた期間使用できるタイプもありますし、比較的有効期間が長ければ、データを使い切らなければ、翌月以降も使えることもあります。

チャージをすれば、同じSIMカードを継続利用できるタイプもありますし、試して使った後に納得ができれば、本契約ができるタイプも用意されています。簡単に多様な使い方ができるのがメリットでしょう。

まとめ

クレジットカードがなくても、格安スマホを使う方法は多くなっています。

特に、通話回線を利用しない場合は、選択の幅が広がっていると言っても過言ではありません。
スマートフォンの機種の分割購入が難しいのがデメリットに挙げられることがありますが、携帯端末を提供しているメーカーから、型落ちやセールなどで機種を安価に購入できる場合があります。

もし、回線が合えば、既存のスマートフォンや家族が使わなくなった機種を活用するのもいいでしょう。分割での購入が難しいからと言って諦めることはありません。

デビットカードが使える格安スマホは限られていますが、ネットサービスを総合的に手がける会社が提供していますので、会員登録をするとポイントが倍付けされたり、ポイント払いができたり等様々な特典が付いています。利用する機会の多い方は、検討してみるといいでしょう。

音声通話付きのSIMカードの購入が難しい場合は、データ専用SIMでもインターネット回線を介した通話ができるタイプもあります。少しだけ月々の料金が割高になることもありますが、検討してみるといいでしょう。アプリの料金がかかる場合は、クレジットカードが必要になることもありますので、注意してください。

プリペイドタイプの場合は、個人情報の入力が一切不要で使える物もあります。同封されている用紙に書かれているように、パスワードと番号を設定するだけで使用できたり、専用の電話番号にかけてガイダンスに従って利用者番号とコードを入力したりするだけで構いません。

格安スマホは一定の手間がかかりますが、自由度が高い使い方ができます。自分の生活に合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。