格安スマホの通信料を減らすには?賢い節約術

日常的にスマホでインターネットや動画を楽しんでいる方は大勢いると思いますが、通信料が嵩んで仕方ないという方もおられるのではないでしょうか。

格安スマホに乗り換えれば毎月の利用料金を安く抑えることが可能となりますが、ここでは格安スマホの通信料を減らすにはどうすればいいのかということについてお話したいと思います。

格安スマホの通信料節約の必要性

現在では多くの方が格安スマホを使っています。ほんの少し前だと格安スマホを利用している方も少なかったですし、大手キャリアのスマホを持っている方がほとんどだったのですが、現在ではsimロック解除解禁となったこともあり多くの方が格安スマホを利用するようになりました。

格安スマホだと毎月の利用料金を3000~5000円程度に抑えることができますし、インターネットの利用しかできないデータsimだと月額1000円程度に抑えるということも可能です。そんな格安スマホでも通信料の節約は必要なのですが、その理由については以下の通りです。

基本的に格安スマホは高速通信の容量に制限があります。あらかじめ上限が決められていますから、その上限に達してしまうと速度が低速モードになってしまうのです。

低速モードになるとインターネットを快適に利用することができなくなってしまいますし、さまざまな部分で弊害が生じてしまいます。高速通信に慣れている方だとあまりの遅さでストレスが爆発してしまいそうになりますし、思わずスマホを投げつけたくなるでしょう。それほど高速通信と低速通信とではスピードに差が生じるのです。

例えば、ある格安スマホ会社だと一ヶ月間の合計通信量が高速通信容量を超えた場合に通信速度が200kbpsに制限される、とあります。

200kbpsという数値がいったいどれほどのものか想像ができないという方もいるでしょうが、多くの方は間違いなくストレスを感じてしまうくらいのスピードです。

ネットの動画などを観ていてもすぐに止まってしまいますし、止まっては読み込み、止まっては読み込みの繰り返しでストレスがマックスになります。

インターネットでウェブページを開こうとしてもなかなか開いてくれませんし、途中で諦めたくなってしまうレベルです。

動画は通信量を大きく消費する

インターネット上の動画を楽しんでいるという方は大勢おられると思います。

最近では子供のなりたい職業にユーチューバーがランクインするなど人気ユーチューバーの動画も非常に高い人気を誇っていますし、さまざまな動画をスマホで楽しむことが可能です。自宅のベッドに転がってスマホで動画を閲覧しているという方もいれば、通勤や通学中のバス、電車の中で動画を楽しんでいるという方もおられるでしょう。しかし、この動画を観るという行為が通信量を大幅に消費するということを覚えておかねばなりません。

動画の鑑賞というのは恐らくもっとも通信量を消費してしまう行為ではないでしょうか。動画だけでなくゲームなども消費してしまいますが、連続で動画を観ているとあっという間に通信速度に制限がかかってしまうことがあります。通信速度に制限がかかるとどうなるかというのは先ほどもお話しましたが、動画を普通に観ることはもちろんインターネットの利用すら怪しくなってしまいます。

面白い動画だと思わず集中して観てしまいますし、連続で何時間も観てしまったという方もおられるでしょう。

パソコンなら特に何の問題もないでしょうが、これがスマホとなると問題です。

普通に使っていれば一ヶ月はもつはずの通信速度が動画を観ている場合だとあっという間に制限がかかってしまいます。

三日ほどで一ヶ月分の通信量を使い果たしてしまったという方もいますし、実際動画を観ているとそうなってしまいます。動画の鑑賞は通信量を大幅に使ってしまうということはしっかり覚えておいてください。

通信料の節約方法

格安スマホの通信料を減らす方法ですが、まずはモバイルデータの制限を設定しておきましょう。

これをやるのとやらないのとでは随分変わってきますし、やらない手はありません。

アンドロイド端末の場合だとモバイルデータの制限を設定するだけで通信料を減らすことができますし、設定の項目で操作するだけですから簡単にできます。指定した通信量に達すると警告を出すように設定することもできますから、これをやっておくと通信量の使い過ぎを防ぐことができます。アンドロイド端末の方はしっかりと設定しておいてください。

アプリの自動アップデートをオフにするのもおススメです。これも通信量を減らすのに効果的な方法として知られています。

スマホにはたくさんのアプリがデフォルトで入っていることが多いですが、人によってはそんなにたくさんアプリを使わないという方もいるはずです。アプリを使わない人にとってこれらのアプリは無駄でしかありませんし、いたずらに通信量を減らすことになってしまいます。

プレインストールのものが多いと頻繁にアップデートしていることに気付くと思いますし、使っていないアプリも大量にあるでしょうから使っていないアプリは自動更新をオフにしてください。

バックグラウンドの通信を制限するのもおススメの方法です。スマホを使っているときに知らず知らずのうちにデータ通信が行われていることがありますから、このバックグラウンドの通信制御をアプリごとに設定しておきましょう。

また、位置情報もオフにしておくと通信量の削減に役立ちます。位置情報は頻繁に自動で通信を行っていますから、位置情報がオンになっているだけで通信料が嵩んでしまう原因となります。位置情報がオンになっていないと使えないアプリやサービスなどもありますが、使っていない場合にはスッパリとオフにしておいたほうが無難です。

高速通信をオフにできるのなら厳しく制限したほうが通信量の削減には役立ちます。例えば、ネットの閲覧やメールチェックなどは低速でも十分可能なことが多いですし、わざわざ高速通信にすることもありません。

何もかも高速通信だとあっという間に通信量が嵩んでしまうことがありますから、どうしても高速通信したいときだけしか使わないように設定しておくと通信量を大幅に節約できるでしょう。

最近では多くの方がSNSを利用してコミュニケーションを取っていますが、このSNSが通信容量を消費してしまうこともあります。SNS中毒と呼ばれるような人たちもいますし、頻繁に使用している方だと知らず知らずのうちに通信容量を消費していることがありますから注意しましょう。

特にSNSをアプリ経由で閲覧したり利用したりしていると通信容量が嵩んでしまいます。大幅に減らしてしまうということはないでしょうが、地味に減っていきますから注意するに越したことはありません。

通信量を減らす方法はいろいろありますから、まずは手軽にできる方法から試してみてはいかがでしょうか。

ここでご紹介した方法ならすぐにできるものばかりですし、ほかにもいろいろな方法があります。

ここでご紹介していない方法などもありますから、できることはなるべく試したほうがいいかもしれませんね。また、最近では通信量を減らすのに役立つアプリなどもあるようですから検討してみる価値はあると思います。

プランをしっかりと選ぶ

現在ではたくさんの格安スマホ会社が営業していますし、さまざまなプランを用意しています。高速通信を利用する頻度が多い方、動画を頻繁に観ることが多い方などは最初から通信容量の多いプランをチョイスしておけばすぐに制限に引っかかってしまうということはないはずです。

3G程度のプランだと1600円くらいの料金で利用できる会社が多いですが、正直これだとすぐに制限に引っかかってしまうはずです。使い方にもよりますが、3Gだと動画を数時間鑑賞しただけで制限にかかってしまう可能性もありますから注意しましょう。

格安スマホ会社によっては20Gや30Gの大容量プランを用意しているところもあります。それなりに月額料金は高くなってしまいますが、動画をたくさん観る方やゲームなどをしている方だとこうした大容量プランのほうがおススメではないでしょうか。あっという間に制限がかかるということもありませんし、快適なスマホライフを送ることが可能となります。30Gなど大容量プランはそれなりの料金になってしまうものの、それでも大手キャリアのスマホに比べるとかなり安いです。

月額料金は安くしたいけど動画はたくさん観たい、という方は通話simでなくデータsimを利用するという手もあります。データsimとは電話での通話ができずインターネット利用だけのsimカードとなります。データsimのほうが通話simよりも料金は安くなりますから、どうしても料金は安く抑えたいという方はこちらがおススメでしょう。

ただ、格安スマホ会社のプランによってはデータsimでも通話simのプランでもそれほど大きく変わらないこともありますから、しっかりとプランの内容と料金を検討して選ぶことが大切です。

まとめ

格安スマホで通信料を減らす方法についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

最初にもお伝えしたように高速通信を頻繁に使っているとすぐに制限に達してしまいますし、制限がかかったときの悲惨さを経験したことがある方はたくさんいると思います。

動画を快適に楽しむことはもちろん、普通にインターネットを利用することすら困難になってしまいますから、制限にひっかからないようにここでご紹介した方法をぜひ試してください。

また、先ほどお話したばかりですがプランをきちんと選ぶというのも大切です。後からプランを変えることはもちろん可能でしょうが、面倒くさいですから高速通信をたくさん使う方はあらかじめ通信容量の大きなプランをチョイスしておきましょう。