格安スマホに乗り換え方法

月々のスマホ料金を安く抑えたいのなら格安スマホへの乗り換えがおススメです。現在ではさまざまな格安スマホが販売されていますが、手持ちのスマホからどうやって格安スマホに乗り換えたらいいのか分からないという方は多いと思います。ここでは格安スマホへの乗り換えの手順、注意ポイントなどについてご紹介しましょう。

格安simの会社を選ぶ

格安スマホというのは格安simとsimフリー端末がセットになったものをそう呼ぶことが多いのですが、これから格安スマホへ乗り換えしたいのならまずは格安sim会社を選ぶ必要があります。

ここがすべてのスタートと言っても過言ではありませんからじっくりと検討して選びましょう。

2014年頃にはすでに格安simは存在していたのですが、大手携帯キャリアはsimロックをかけているのが普通だったのであまり普及はしませんでした。

そこまで知名度も高くなかったのですが、2015年からsimロック解除解禁となったことで一躍知名度を高めたのです。

格安スマホにすれば月々の料金を安く抑えることが可能となりますが、サービス提供会社によって用意しているプランやオプションはまちまちです。

基本的にはかけ放題がなくデータ料金が格安になり、これまでの利用料金の三分の一ほどに料金を軽減できる可能性もあります。

最近ではLINEなどのアプリを利用してコミュニケーションを取っている方が多く、電話のかけ放題が必要ないという方もいますから、このような方だと格安スマホのほうがメリットは多いのではないでしょうか。

少し話が脱線してしまいましたが、これから格安スマホへ乗り換えるために格安sim会社を選ぶときいったいどこを選べばいいのでしょうか。現在では200社近い格安sim会社が存在すると言われていますし、それぞれの業者ごとにサービス内容などが異なります。

ただ、基本的に料金プランなどはそこまで大きく変わりませんからあまり神経質になることはないでしょう。

では、料金プランがそこまで変わらないのならどこを重視すればいいのかということですが、やはりサポートがしっかりしているところを選ぶべきです。 格安simを扱う会社の多くは実店舗を持たずオンラインで端末やsimの販売、サービスの提供を行っています。

実店舗を持たないことでコストを削減し、結果的に安くサービスを提供できているのですね。

実店舗を持たないということでサポート体制がほとんど整っていないところもありますから、オンラインでのサポート体制がある程度しっかりと整っているところを選ぶことです。

また、格安スマホのメリットとして自分に本当に必要なプランやオプションだけを選ぶことができるということが挙げられますが、格安sim会社によって扱うプランやオプションはまちまちですから、自分にマッチしたプランやオプションを取り揃えている会社を選ぶことも大切です。

SIMカードの申し込み

どこの会社にするか決めたのならいよいよsimカードを申し込みます。

基本的にどこの会社でもsimカードと端末のセット、もしくはsimカードのみの購入かを選ぶことができます。

そもそもスマホを持つこと自体初めてという方だと端末とカードのセットを選んだほうが良いですし、今現在使っている大手携帯キャリアのスマホに格安simを使いたいという方はカードだけを購入することになります。

ここでは格安スマホへの乗り換えということでお話をしてきましたから、既にスマホは持っているという前提でお話を続けていきたいと思います。

端末を持っている方だとカードのみを購入することになりますが、simカードには音声通話simとデータsimの二種類が存在します。

音声通話simは電話での通話とインターネットを利用できるタイプとなりますから、これまでと同じようにスマホを使いたいという方は音声通話タイプのカードをチョイスしましょう。データsimは逆にインターネットしか使わないという方にお薦めのカードです。

誰かと電話をすることはほとんどない、インターネットさえ使えれば文句はないという方はデータsimを購入しましょう。

simロックの解除

先ほども少しお話したかもしれませんが、大手携帯キャリアのスマホはsimロックがかけられているのが常識でした。

自社の顧客をよそのキャリアに流出させないためにsimロックしているのが基本だったのですが、これによってユーザーにはさまざまな制約がかけられることになるため現在ではsimロック解除ができるようになりました。

simロック解除を行うことで大手携帯キャリアの端末に格安simを搭載することが可能となりますし、結果的に安くスマホを利用できるようになります。 ただ、格安スマホ会社は基本的に大手携帯キャリアの通信回線を使っていますから、simロック解除をする必要がないケースも多いです。

例えば、ドコモの端末を使用する場合だとドコモの回線を利用している格安会社ならsimロック解除は必要ないことになります。同じ回線を使用する場合だとsimロックの解除は不要ということは覚えておいてください。

実際の乗り換えの手順

ここからは大手携帯キャリアのスマホから格安スマホへの乗り換え手順についてお話したいと思います。

まず、MNP予約番号を取得しなくてはなりませんから覚えておきましょう。

MNPとは番号ポータビリティのことで、これまで使っていた電話番号をそのまま引き継ぐときに必要となります。それぞれのキャリアでMNP予約番号の取得方法などは異なってきますから、事前にキャリアで確認しておくことをお勧めします。

MNP予約番号のほかに必要なものとしては運転免許証や引き落とし用のクレジットカードなどが必要となります。 格安simを申し込んで数日たつと自宅にカードが届きますから、カードを端末にセットしてカスタマーセンター、サポートサービスなどに連絡してMNPを行います。

これをしないと電話番号を引き継ぐことができませんから忘れずに行いましょう。MNPはだいたい30分程度で終わると思いますが、この間スマホは使えない状態になります。大切な電話が入る予定という場合はその時間帯を避けて手続きすることをおススメします。

MNPをしている時間だけはスマホを使うことはできませんが、それ以外の時間は普通に使えますから安心してください。 格安スマホへ無事乗り換えることができたら次に初期設定を行います。初期設定は最初に一度行うだけですから一回やれば後は必要ありません。

カスタマーサポートのオペレータと一緒に進めることがほとんどですから特に難しいことはないでしょう。

これで格安スマホへの乗り換えはすべて終了ですし、あとは今まで通り使うだけです。プランによっては毎月の利用料金を1600円程度に抑えることもできますから、ぜひ乗り換えを検討してみましょう。

まとめ

格安スマホへの乗り換えについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。

格安スマホはあまりにも安くなるため不安になってしまう方もいるかもしれませんが、格安スマホの仕組みをきちんと理解できれば不安はなくなるはずです。

今後はさらに多くの方が格安スマホへ乗り換えていくと予想できますし、格安sim会社もサービスの充実や満足度向上を図っていくでしょうから乗り換えしやすい環境も整っていくと思います。乗り換えの際はぜひこの記事を参考にしてくださいね。