UQモバイルの解約したい!解約時にかかる費用や必要書類まとめ

au関連の格安SIMの中でも通信速度のスピードで定評のあるUQモバイルですが、新規でより良い格安SIMが今後も出てくる可能性があったり、なんらかの理由でUQモバイルを解約し、他の格安SIMに切り替えたいという方もいらっしゃるでしょう。

今回はUQモバイルについてその解約方法や、実際に解約時にかかる費用や注意すべき点について紹介していきたいと思います。

UQモバイルの解約の流れついて

SIMカードの解約について解約方法は各社で方法が異なりますが、UQモバイルについては電話のみでの対応となっています。

公式ホームページでUQモバイルの解約について調べてみると電話での問い合わせ窓口とQA欄のみとなっており、電話での問い合わせが解約の際の唯一の手段であることがわかります。

UQモバイルのSIMカードに関して、問い合わせ窓口から電話で解約の申し込みの手順を取っている最中に解約の手続きが行なわれるため、申し込みの電話後すぐにUQモバイルのSIMカードが使用不可になってしまいます。

上記の理由からいったん解約の手続きが完了するとキャンセルはどんな理由があってもできないため、解約を迷っている場合は慎重に決めるようにしましょう。

実際の電話の流れについても下記に記載しておきます。

公式サイトに記載されている問い合わせ窓口の番号へかけると自動音声のガイダンスはが入ります。

この段階ではオペレーターではないので焦らずゆっくりガイダンスを聞いて下さい。

順序としては2番のボタンを押しさらにそのあと2番で、各種手続きを希望することで、オペレーターへと電話をつないでもらうことが可能です。

実際にオペレーターに聞かれる内容は次の4点です。

  • 解約する理由
  • 解約するSIMカードに使っている電話番号
  • SIMカードを使っている契約者の名前
  • あなたが登録時に設定した暗証番号

難しい項目ではないのですが、公式サイトではこのあたりの案内がされていないので不安な方は事前に回答を用意しておくと良いかもしれません。

冒頭にも説明したとおりですが電話を切ったタイミングでSIMカードが使用不可となりますので、その点は理解しておく必要があります。

一連の電話での解約手続きが終わりますと電話で行った解約の手続きの内容が記載されたメールが契約時にあなたが登録したメールアドレス宛に届きます。

UQモバイルの解約を利用月の途中で行うケース

UQ モバイルの利用において、月末ではなくて利用を行っている月の途中でSIMカード解約をする場合、請求の金額については解約手続きを実際に行った前日分までを日割りで計算した金額が
請求されます。

UQモバイルに関してはクレジットカード支払いのみになるため、解約のタイミングで支払いがまったくなくなることはないため、締め日など確認し口座に金額を入れておきましょう。

UQモバイルのSIMカード解約時の注意点について

UQ モバイルに限らないことですが、大手キャリアなどにもおいても契約には何らかの決まりがあり例えば大手キャリアで2年契約が完了しないうちに解約をするとなると解約金などのペナルティーがあることがほとんどです。

本項目について、解約金含めた注意点について解説していきます。

格安SIMカードにおいても解約金が発生するケースが多く。その相場が1万円前後となっています。

UQ モバイルの解約金については、音声通話付きのSIMカード利用時のみ、利用を開始した日から12ヶ月未満に解約した場合、解約料が10,260円かかります。

また残債がある場合や他のMVNOに乗り換える際には別途費用が発生しますので、この点は自身で試算するようにしておきましょう。

乗り換えのタイミングによっては安くなるどころか損をしてしまうケースも想定されるためです。

データ通信専用SIMに関しては、利用期間がどのくらであったとしても解約金は発生しないため、データ通信専用SIMを使っている方はご安心ください。

また次に解約の申し込みが可能なタイミングについてみていきたいと思います。

解約の手続きに関して、冒頭でも記載しましたがUQモバイルの解約は電話のみの対応となっています。そのため、UQモバイルのお客様サポートセンターの営業時間が問い合わせ、申し込み可能な時間ということになりますね。

UQモバイルのお客様サポートセンター営業時間朝9:00~夜18:00までとなっています。土日祝日も営業しており、平日なかなか仕事で連絡ができない方に対しても配慮のある対応となっています。
ただし注意点としておさえておきたいことがあります。これはUQ mobileに限ったことではないですが、平日のお昼休みの時間帯や仕事終わりの17時前後、週末、月末はオペレータにつながるまでSIMカードを解約できないということでしょう。人が対応するので混雑状況によってはまったくオペレータに電話がつながらないケースもおそらくあることでしょう。

ですので解約に関しては余裕を持ったスケジュールで取り組むことをお勧めいたします。

次にUQモバイルを解約後、他の格安SIM端末に乗り換える際に注意点としてあげられることについても解説しておきます。

現状として格安SIMを提供している業者は現在docomo関連の事業者がほとんどを占めているという事実があります。

auからdocomoの格安SIM端末に切り替えた際に相性があまりよくないという可能性も否めませんので、au関連のmineoなどに切り替え出ない場合はどの端末なら相性が良いのかなど調べておく必要があります。

細かいことをいうと端末の周波数帯も端末によってかなり差が出てくるため、実際に詳しく調べておく必要があります。

他のキャリアのものを使う際にSIMロック解除を行う際に料金が発生することにも注意しておきましょう。

MNPの転出方法について

UQモバイルを解約しようと検討している際に、電話番号に関してそのまま使用したい方はMNP転出サービスを利用する必要があります。

UQモバイルのMNP転出には手数料が3000円発生します。

実際にUQモバイルでMNP転出をする際には解約の申し込みとは別に電話でMNP転出の手続きを行う方法と、インターネットを使用してWEBから申し込みして手続きを行う方法の2種が存在します。

電話での受付の際には電話なのでガイダンスにしたがって受付センターで問い合わせ、手続きを行います。

インターネットを使用し、WEBで手続きを行う際には次の流れで手続きを行います。

まずmy UQ mobileにアクセスします。ログイン後ご契約内容を確認し、契約一覧紹介、変更を選択、その後詳細へを選択し、他社乗り換えを選べば手続き完了です。

またMNPの手続き後にはMNP予約番号が発行されますが、これには有効期限があります。発行日から15日が基本ですが、各MVNOによって条件が異なるケースがそんざいするため、必ず手続きを行う前に期間を確認しておくようにしましょう。それによって解約までのスケジュールが変わってきます。

まとめ

これまでUQモバイルの解約方法や必要書類また解約時における注意点について説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

契約の時とは違い、MVNO側も積極的には解約をすすめたくはないため、解約にあたってペナルティやタイミングによっては思わぬデメリットが存在するケースもしばしば存在します。

電話でしか情報が出ていないこともありますが、解約にあたって不安な点やちょっとでも疑問がある場合は事前に解消しておくことが大切ですね。

また他社に乗り換える際にも端末の相性など事前に調べておき、解約して後悔ということにならないように気を付けましょう!