MINEOの解約方法や必要書類、解約時にかかる費用や注意すべき点

格安SIMの中でも月額料金の安さで人気のあるMINEOですが、月額料金の安さがもっと安いSIMが今後も出てきたり、月額料金の安さ以外の理由でMINEOを解約し、他の格安SIMに切り替えを検討する方もいるでしょう。

今回はMINEOについての解約方法や、解約時にかかる費用、注意点について説明してきいきます。

MINEOの詳細について

MINEOの解約する方法の前に、MINEOの特徴や評判を確認したい方は下記のページをご参照ください。

マイネオ(mineo)の特徴と詳細について調べてみました。
マイネオマイネオ(mineo)の特徴と詳細について調べてみました。株式会社ケイ・オプティコムマイネオ(mineo)はdocomo/auの回線を利用した格安SIM会社なので、docomo/auのスマホにマイネオ(mineo)のSIMを挿してそのまま使うことができます。

MINEOの解約の流れついて

SIMカードの解約について解約方法は各MVNO業者によって様々存在しますが、MINEOについてはwebのよくあるご質問欄から解約の手続きが可能です。
公式ホームページでMINEOの解約について調べてみるとサポート、よくあるご質問から解約の手続きに進められることわかります。

では実際にどのような手続きの手順になるのか見ていきましょう。

mineoではau関連の回線を利用したauプラン、docomo関連の回線を利用したdocomo関連が存在し好きなほうを利用することが可能です。
まずmineoの公式ホームページを検索し、メニューバーからサポート欄を選択しよくあるご質問を選びます。

次に画面が遷移したら下段にスクロールし、ご利用中のお客さまの欄の中で解約を選択し次に最上段にあるmineoの解約方法について教えて下さいの欄を選択します。

するとQ&Aに書かれて記載されている項目の回答の解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへと記載されたた箇所があるのでこちらを選択します。

次に解約の理由を選択します。
複数理由がありますので、自身の状況に合致するものを選択するようにしましょう。

こちら解約の理由を選択して解約にスムーズに進むかと思いきや、なぜか使用方法についいて説明があり、mineoを解約させまいとする提案がでてきますので無視して最下段のほうまでスクロールを行い、解約の方はこちらという箇所を選択します。

この時点でやっと本格的に個人情報を入力し解約手続きに進めます。最初にmineoを契約した際に発行したID、パスワードを入力後契約中のSIMカードの情報にログインを行います。

契約内容を確認し間違いなければ下段にスクロールし、チェックした上で確定画面の箇所を選択します。その後解約を確認のアンケート項目が表示されますが、適切なものを選択しましょう。その後、解約を選択したのち、mineoサービス解約のお申し込みを受け付けいたしました。」と表示があるので、ここまでで解約が完了します。

同じau関連の格安SIMのUQモバイルについては電話での解約受付がありますが、mineoにおいてはこのWEBからの受付のみになるため注意が必要です。

MINEOの解約を利用月の途中で行うケース

次にMINEOの利用において、月末ではなくて利用月の途中でSIMカード解約をするケースについて、注意点についてみていきたいと思います。

利用停止を月中で行った場合には前日分までを日割りで計算した金額が請求されます。

MINEOに関しては他のMVNOと同様に支払いがクレジットカードのみになるため請求自体はカードの締め日によって発生する場合あります。

MINEOの格安SIM解約時の注意点について

次にmineoの格安SIM解約時の注意点についてみていきましょう。

MINEOの解約タイミングについてですが、mineoはWEBのみで解約を受け付けています。対応時間に関しては朝9時~夜9時までの時間帯となっております。

月末時なども解約を受け付けているようですが、夜9時を過ぎてしまってWEBから申し込みを行った場合はもちろん翌日の扱いとして処理されてしまいますので注意が必要ですね。

次にmineoを解約する際の解約金についてみていきたいと思います

mineoについて解約金が発生する場合は下記の通りです。

一般的に格安SIMの解約金については最低利用期間の利用に満たない時に解約を行うことで対象となるケースが多いです。

最低利用期間が設定されているケースの多い音声通話のSIMの場合は、解約した際に違約金が発生する場合がほとんどですが、mineoの解約金に関して、データ通信SIMと音声通話SIMのどちらも最低利用期間がそもそも存在していないため違約金が発生しないのです。これは解約をする側にとってはうれしいサービス設定でしょう。

またmineoにおいてau関連のプランを使用している際には注意しなくて良いのですが、docomo関連のプランを使用する際に注意すべきポイントがあります。

それはmineoの解約時にau関連のプランを選択している場合には格安SIMのSIMカードの返却の必要がないが、docomo関連のプランで契約をしている場合にはSIMカードの返却・郵送が必須になるということです。

これは他の格安SIMにはあまり見られない特徴のため注意しておく必要があります。

mineoのMNP転出について

次にmineoの格安SIMを解約し、他の格安SIMに乗り換える際のMNP転出について、その方法や注意点についてみていきます。

まず大前提としてmineoにおいて、他の格安SIM同様現在のスマホで使用している番号をそのまま使える状態で他の格安SIMを提供しているMVNOからmineoに乗り換えが可能です。

またmineoから他社に乗り換えを行う。MNP転出の手続きももちろん利用できます。

mineoの利用においてMNP転出、転入が可能なのはもちろんですが、音声通話機能付きのSIMのみとなります。mineoに限らずデータ通信専用の格安SIMはそもそもMNP転出、転入は不可能です。

一般的にdocomo、au、softbankの大手キャリア、格安SIMのMVNOにおいては、MNP転出のタイミングで手数料が発生します。

金額に関して大手キャリアのものは2,000円程度、格安SIMに関してはだいたい3000円程度です。

先ほどmineoに関しては解約金がまったくないので、ユーザーに優しいサービス設計と書きましたが、実際には契約開始から12カ月以内に他社に乗り換えをし、MNP転出を行うと11,500円の転出手数料が発生します。

13ヶ月目以降のMNP転出に関しては、手数料2,000円のみの発生になりますので、1年未満で他社へ乗り換えをすると割高になってしまう点についてはあらかじめ憶えておきましょう。

またmineoのMNP転出ついては記事の冒頭で解説したように、WEBの解約と同じ流れで行うことが可能です。

注意点としてはMNP転出に関してもmineoでは電話での受付を行っていないことが挙げられますので、余裕をもって対応時間内でmineoのWEBサイトから手続きを行うようにしましょう。

またmineoのオプションサービスについては電話で手続きが必要なものも存在します。
具体的には端末安心サポート、mineo安心パックについてはサポートダイヤルに電話をし契約をしている場合には忘れないように注意しましょう!

mineoを解約した際の再契約について

本項目はほとんどの方に当てはまらない可能性もありますが、mineoの格安SIMを契約しておりいったん解約を行って、他の格安SIMを使ったが再度mineoを契約したいという方が対象になるかと思います。

基本的に再契約は可能ですが、mineoが新規登録に向けたキャンペーンなどを行っている場合にはお得だったり、損をしたりという状況が発生しますので、キャンペーンを含めた状況を総合的に判断したうえで解約をして新規契約をするのかSIMをそもそも変えるのか、もしくはそもそも何もせず現状のままにするか判断をすると良いでしょう。

キャンペーンに関しては開催時期が限定されている場合もあるのでマメに情報収集をしておかないと終わってしまう場合もあります。

まとめ

これまでmineoの解約方法や必要書対に関して解説してきましたがいかがでしょうか?
CMでも話題のmineoですし気になっている方も多いかと思います。
mineoに関しては公式サイト以外にユーザ―同士が疑問や助け合いができるプラットフォームが存在することが他のMVNOにはない特徴になりますので、解約を検討する際は他のユーザーの知恵を借りるのも良いかもしれません。