格安スマホを安く購入したい!格安スマホの購入方法

今では誰もが当たり前のように持っているスマートフォン。現代人の必須アイテムと言っても過言ではありませんし、現在では小さな子供からお年寄りまで誰もがスマホを持っているような状態です。

最近では格安スマホ会社も随分と増えましたし、乗り換える方も多くなってきましたがここでは格安スマホの購入方法についてお話したいと思います。

格安スマホの基礎知識

そもそも格安スマホが分からない、という方のために少しだけ基礎的な知識をお伝えしておきましょう。

格安スマホというのはその名が示す通り格安で使えるスマホのことを指します。スマホを利用するにはドコモやau、ソフトバンクといった大手携帯キャリアの店舗で契約する必要がありますが、スマホはこれら大手携帯キャリアだけしか扱っていないわけではありません。最初にお伝えしたように現在では多くの格安スマホ会社が存在しますし、もっと安くスマートフォンを手に入れることも可能です。

格安スマホ会社はさまざまなコストを最小限に抑えることでサービスを安く提供しています。例えば、大手携帯キャリアだと全国にたくさんの店舗を展開していますが、格安スマホ会社は基本的にオンラインでサービスを提供しています。

実店舗を構えていませんからコストを大幅に削減できますし、契約などの手続きもすべてオンラインで行うことになります。実店舗を構えるとなると多大な費用が必要となりますし、全国に展開するとなるとどれだけの費用がかかるか想像もできません。

格安スマホ会社は実店舗を持たずに運営しているため格安でのサービス提供を可能としているのです。

実店舗を持たずに運営しているということで人件費や育成費なども大幅に削減することができます。

実店舗展開するとなると当然スタッフを採用しなくてはなりませんし、多くの人件費がかかってしまいます。企業運営においてもっともお金がかかるのが人件費とも言われていますから、人件費を削減できるだけでその分サービスにお金を回すことが可能となります。

また、スタッフへの研修などを行うにも当然お金がかかりますし、一人のスタッフを一人前に育てるまでに相当なお金を使うことになります。

格安スマホ会社は自社で通信回線を所有していないのも特徴です。「通信回線を持っていないのにどうしてサービス提供できるの?」と思った方もおられるでしょうが、格安スマホ会社では大手携帯キャリアの通信回線を利用しています。

大手携帯キャリアの通信回線をレンタルすることで格安料金でのサービス提供が可能なのです。自社で一から通信回線を構築するとなると莫大な費用と時間がかかってしまいますし、実際大手キャリアは莫大な費用と膨大な時間をかけて通信回線を構築してきました。

格安スマホ会社は自社で通信回線を持たずに、大手キャリアが苦労して構築してきた回線をそのまま利用できるため安くサービスを提供できるのです。

スマホの契約方法

格安スマホについて何となく理解できたと思いますが、ここからはいよいよ格安スマホの購入方法についてお話していきたいと思います。

その前に、皆さんは今までスマホを契約するときにどのようにしてきましたか?恐らく、店舗へ足を運んでスタッフと対面で相談しながらスマホを選び、契約してきたのではないでしょうか。

大手キャリアだと全国の至るところに店舗がありますし、大型商業施設や大手家電量販店の中にもショップがあるためそこで簡単にスマホを購入することができます。

一般的な大手携帯キャリアでスマホを購入するときはまず店舗に足を運びます。

先ほども言ったように大手携帯キャリアだと日本各地に店舗がありますし、市街地を歩けば必ず一つや二つショップを見かけます。

基本的にどこのキャリアショップでもスマホの新規契約には対応していますから、お店がよほど混雑していない限りスマホを購入することができるでしょう。初めて契約するのと機種変更ではまたかかる時間なども変わってきますが、初めて契約する場合でも1時間も見ておけば契約はできるのではないでしょうか。

大手キャリアでスマホを購入するときには機種を選ぶことから始まります。

店内にはいろいろな端末を展示していますから、実際に手に取ってみたり説明書きを読んだりしてどれを選ぶかを決めていきます。スタッフに直接相談しながら自分に合ったものを選ぶというのも良いでしょう。

どの機種にするか決めたらあとは手続きに移ります。必要書類に記入して、身分証明書のコピーをとり支払い方法などの選択をすれば契約ができます。あとは回線を繋げてもらえればすぐにでもスマホを使えるようになるでしょう。

これが大手キャリアでの一般的なスマホ購入方法となります。

でも、皆さんが知りたいのは格安スマホの購入方法ですよね?実は、大手キャリアでのスマホ購入方法と格安スマホの購入方法ではいろいろな部分で違いがあります。

その違いをきちんと理解してもらうためにわざわざ大手キャリアでの購入方法についても記述しました。

先ほどもお話したように大手キャリアの場合だといろいろなところに店舗がありますからすぐにでも購入が可能ですが、格安スマホ会社は基本的に実店舗を持たないところがほとんどです。さて、いったいどのようにして契約をするのでしょうか。

格安スマホの購入方法

ここからは格安スマホの購入方法についてお話していきます。まず、先ほども言ったように格安スマホ会社というのはあらゆる部分のコストを削減することによって低料金でのサービスを可能としています。

実店舗を持たないというのもその一環ですし、大手キャリアの回線をレンタルしているのも安くサービスを提供できる理由です。

しかし、今まで大手キャリアのお店でしかスマホを購入したことがない方だと「お店がないのにどうやって買えばいいの?」と思ってしまいますよね。格安スマホ会社の多くはオンラインでサービスを提供していますから、スマホ購入もインターネットを利用します。

もちろん、すべての格安スマホ会社がオンラインでの営業というわけではありません。現在では200社に近いほどの格安スマホ会社が存在すると言われていますし、中には比較的大手の企業が格安スマホ業界に参入していたりもします。

大手の格安スマホ会社だと実店舗を構えているケースもありますがこれはあくまで稀なケースです。ほとんどの格安スマホ会社はコストを抑えるために実店舗展開していませんし、インターネットを利用したサービスの提供となっています。

具体的にどのようにして購入するのかということですが、特に難しいことはありません。

インターネットで格安スマホ会社を探せばすぐに見つかりますから、公式サイトから申し込みをして届いたsimカードを端末にセットして設定をすれば使えるようになります。特に面倒なことも複雑なこともありませんから誰でも簡単に格安スマホを購入することができるでしょう。

店頭での購入しかしたことがない、ネット通販すら利用したことがないという方だと多少戸惑ってしまうかもしれませんが、初めての方でも何も難しいことはありませんよ。

まずは自分が利用したい格安スマホ会社を選ぶことから始まります。先ほどもお話したように、現在では200社に近い数の格安スマホ会社が営業していますし、その中から選ぶというのは至難の業です。サービスの内容や扱っている端末なども変わってきますから慎重に選ばなくてはなりません。

誰もが知っている大手の企業もこの業界に参入していますし、不安な方は大手を選ぶと間違いないかもしれません。ネットの口コミなども参考にするとスムーズに選べるかもしれませんね。

会社選びの基準と実際の購入

格安スマホ会社はたくさんありますからなかなか一つに絞れないと思います。何を基準に選べばいいのか分からないという方もおられるでしょうが、基本的に料金プランはどこの会社でも似たようなものです。

もっとも安いプランで1600円程度の料金を設定しているケースが多いですし、インターネットだけの利用となるデータsimなら500円程度の月額料金で契約できます。

実店舗を持たない格安スマホ会社ですから、できるだけサポートをしっかり行ってくれる会社を選んでおいたほうが無難です。大手キャリアだと何かトラブルや不具合が起きたときはすぐに店頭へ足を運ぶことができますし、対面でサポートを受けることができます。

しかし、格安スマホ会社は店舗がありませんし、電話やメールを利用したサポートになることがほとんどです。そのため、サポートの質が会社によってまちまちですし、なるべくサポートがしっかりした会社を選んでおかないと後悔する羽目になります。

実際に購入するときにはsimカードのタイプを選びます。simカードというのはどのスマホにも必要なもので、契約者を識別するための小さなカードです。これがないとスマホを利用できません。格安スマホだと通話simとデータsimの二種類があり、通話simは電話とインターネット両方が利用できます。

一方のデータsimはインターネットのみの利用となります。安いのはデータsimで、最安500円程度のプランもあります。電話を使うことがまずないという方だとデータsimにしておけば相当安く月額料金を抑えることができるでしょう。

まとめ

格安スマホの購入方法についてお話してきました。実店舗を持たない会社がほとんどということで戸惑ってしまう方もおられるでしょうが、一度でもネット通販を利用したことがある方ならスムーズに契約までできるのではないでしょうか。

それほど難しいことではありませんし、短時間でスマホを使えるようになります。simカードに二種類が存在するということを覚えておけばとりあえず大丈夫ですし、なるべくサポートの手厚いところを選んでおけば問題ないと思います。