ドコモやau、ソフトバンクから格安SIMに乗り換えの後悔や失敗例

近年流行りの格安SIMですが格安であるが故に不便なことも多いです。

ソフトバンク、ドコモ、auよりも月額料金は安くなりますが使える機能の幅は狭まってしまうでしょう。

賢く使えばお得な格安SIMですが、今まで使えた当たり前の機能が使えなくなってしまい後悔してしまうことがないように、どのようなメリットデメリットがあるのかを押さえておく必要があります。

格安SIMに乗り換えて困ったこと

格安SIMに乗り替えたことで1番困ってしまうことは、LINEのID検索が利用できなくなってしまうところです。

ID検索では年齢確認を必要とするため、ソフトバンク、ドコモ、auなどのキャリアでしか利用できないサービスです。

IDを友達に教えて連絡先を追加することができなくなってしまいます。名刺などにLINEのIDを記載して連絡先として紹介している人は不便を感じるかもしれません。

さらにSIMカードに関する不便も多く出てきます。自分でSIMカードを端末に差し込まなければならず、SIMカードの着脱に慣れていない人はかなり苦労するかもしれません。

SIMカードを差し込む場所はとても繊細にできているので、万が一カードを傷つけてしまったり、変形させてしまったりするとスマートフォンの機能が使えなくなってしまいます。

せっかくスマホ代を節約しようと乗り換えをしたのにSIMカードを破損させてしまって、結局お金がかさんでしまったら意味がないですよね。

このように格安であるからこそのリスクも潜んでいます。

ドコモから格安SIMに乗り換えた失敗例

まずはドコモから格安SIMに乗り換えた場合の失敗例をご紹介いたします。

キャリアメールが使えなくなる

キャリアから格安SIMに乗り換えた場合の共通のデメリットですが、キャリアのメールアドレスが使えなくなってしまいます。

ドコモで携帯電話やスマートフォンを契約した場合には、@docomo.ne.jp、がつくメールアドレスを使用することができます。

スマホ1台に1メールアドレスと、とても分かりやすいシステムでメールアドレスが割り当てられているので、機械やネットに知識がない人でも利用するのが簡単です。

しかし、格安SIMに変更をするとそのようなメールアドレスは一切使用できなくなってしまいます。

仕事でキャリアのメールアドレスを中心に使っていた方は、いきなりメールアドレスが変わってしまい、後悔するでしょう。

また代わりのメールアドレスとして使用する代表的なGmailは、メールアドレスを自分で設定したり、Googleのアカウントを作成する必要があるので手間がかかります。

さらに、スマートフォンで使うためにはアプリをインストールしなければいけません。

ドコモのdポイントが使えなくなる

ポイント制度が使えなくなってしまうこともデメリットです。ドコモにはdポイントというシステムがあり、全国の様々な加盟店でポイントを使うことができます。

代表的な店舗ではマクドナルドやローソンがあります。

家計の中でも大きな出費であるスマホ代でポイントが付けば、かなり多くのポイントが付きます。もし乗り換える際には、ポイントを消費しておくことを忘れないようにしましょう。

auから格安SIMに乗り換えた失敗例

次にauから格安SIMに乗り換えた場合の失敗例です。

キャリアメールが使えなくなる

こちらも上記のドコモの時と同様、キャリアのメールアドレスが使えなくなります。@ezweb.ne.jp、がつくアドレスはauがサービスを提供しているものですので、こちらのメールアドレスを使用している方は注意しましょう。

auスマートパスプレミアムが利用出来なくなる

そして、乗り換えの時に後悔することが多いのがauスマートパスプレミアムが利用できなくなってしまうことです。

こちらのサービスは月額499円で利用できるサービスですが、入会する時期によっては月額372円で利用することができるようになっています。

このサービスで受けられる優遇がとても多いです。

具体的には東宝シネマズで見られる映画が1100円均一になる、カラオケの1200円割引、ココスやマクドナルドでのフライドポテトの無料サービスなど、普段の生活がぐっとお得になるものばかりです。

今まで月額372円でここまでのサービスが受けられるのが当たり前になっていた人にとってみれば、これからまったくサービスのない生活に戻るのは難しいのではないでしょうか。

サービスによって浮いていたお金がどれくらいなのかをきちんと計算してから乗り換えを検討しないと、かえってお金がかさんでしまう可能性があります。

また、このサービスにはデータのバックアップや修理のサービスもあります。今まで写真のバックアップを利用していた方は一度パソコンなどの端末にダウンロードしておかないと、全てのデータが消えてしまいます。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えた失敗例

次はソフトバンクから格安SIMに乗り換えた場合の失敗例です。

キャリアメールが使えなくなる

こちらも上記で述べてきたように、キャリアのメールアドレスの使用ができなくなります。

@i.softbank.jpなどのアドレスを使用している方は注意しましょう。

ギガモンスターのサービスが使えなくなる

そして、ソフトバンクで受けられるギガモンスターのサービスが使えなくなってしまい後悔するケースが多いです。

ギガモンスターは4G回線をはじめとする、WiFi環境がない場合にキャリアの電波を最大で20GBも使うことができるサービスです。

格安SIMではここまで大容量のプランの用意は少ないうえ、用意があってもiPhoneなどと組み合わせて使うのは非常に難しいです。

機種代や通話料、データ通信込みで紹介してくれるキャリアの方がお得になってしまうケースも出てきます。

外でデータ通信を利用する機会が多い方は、格安SIMに乗り換える際に一度金額を計算し直さないと失敗してしまうかもしれません。

かならずどちらがお得になるのか、両方のショップに行って確かめましょう。

また、ソフトバンクはiPhoneを代表とした下取りサービスが大変充実していて、機種代金が実質0円になることが多いです。

しかし、途中で解約してしまうと機種代金を支払わなければならなくなることがあります。

iPhoneを継続して使い続けたい、という方はiPhoneの下取りサービスが充実しているキャリアのサービスで割引がきく場合が多いので乗り換えには十分注意しましょう。

まとめ

格安スマホというのは格安SIMとはまた違うもので、主に型落ちのスマートフォンのことを指します。

格安SIMとセットにして販売されることが多く、スマホ代を大きく減らせることで話題となっています。

しかし格安スマホには大きな落とし穴があります。

それはスマホ自体のスペックが非常に低いことです。例えば型落ちのiPhoneですと、後々新しいアプリを入れようとした際にiOSが対応しておらず、インストールできなくなってしまう可能性があります。

他にも安いAndroidの機種では容量が少なく、ほとんどアプリを入れられないという事態にも陥りかねません。

また容量が多く比較的新しい機種が販売していたとしても、ほかのスペックが低い可能性があります。多いのはカメラの画素数が低いものです。

iPhoneの画素数に慣れていると、写真の画質の悪さに驚くと思います。SNSに写真を投稿するのを趣味にしている方であれば、非常に後悔するでしょう。

画素数に関しては、スマートフォンを実際に使用するまでわからないので要注意です。

購入する際にはよく調べて、なるべく今自分が使っているスマートフォンの画素数に近いものを選ぶようにしましょう。

さらに、スペックが低いことからスマートフォンがフリーズしてしまったり、アプリの動作が遅くなることもあります。

特にゲームなどではよくアプリが止まってしまうので、安いスマホを購入する場合は覚悟が必要です。