格安SIMを使う前に知っておきたい「通信速度」事情

格安SIMへの乗り換えを考えている方だと通信速度を気にしている方もおられるのではないでしょうか。ネットの通信速度を重視する方は少なくありませんし、格安SIMに乗り換えることで通信速度が犠牲になってしまうのではないかと不安を感じている方もいるはずです。そこで、ここでは格安SIMに乗り換える前に知っておきたい通信速度事情についてお話したいと思います。

通信速度の遅さはストレス

インターネットを使っていてなかなかページが表示されない、動画を観ていると何度も止まってしまうという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。さまざまな原因が挙げられますが、原因の一つとしては通信速度の不安定さが挙げられます。通信速度が不安定だとウェブページの表示に時間がかかってしまうことがありますし、動画を観ていると頻繁に止まるといった現象も起きてしまいます。今や高速インターネットの時代ですから通信速度が遅いというのは致命的ですし、通信速度を重視するのは当然のことです。

インターネットが普及してしばらく経ちますが、その間通信速度はどんどん早くなってきました。今ではかつて考えられないほどのスピードでインターネットを楽しむことができますし、動画やゲームなどもサクサクと快適に楽しめるようになっています。そう、現代人はすっかり高速インターネットに慣れてしまっていますから、今さら通信速度が遅くなってしまうことに耐えきれるはずがありません。ひと昔前なら当然くらいの速度でも現代人は満足できませんし、ほんの少し遅くなっただけでも酷いストレスを感じてしまいます。

これはある意味仕方のないことかもしれません。人間は慣れてしまう生き物ですし、登場した当初は非常に満足していたサービスでも次第にそれが満足できなくなってしまいます。例えば、24時間365日利用できるコンビニ。深夜や早朝にも営業していますから非常に便利ですよね。不規則な生活を送っている方にとってコンビニは強い味方ですし、いつでも買い物ができるのは魅力的です。そんなコンビニですが、突然24時間営業をやめてしまったとなるとどうでしょうか。恐らく、コンビニチェーンの本社にはクレームの電話が鳴りやまないでしょうし、人によっては生活リズムが狂ってしまうかもしれません。

今から30年ほどくらい前にはまだコンビニの数も少なかったですし、24時間営業していないコンビニもたくさんありました。しかし、今では日本全国至るところにコンビニがありますし、24時間365日営業が基本となっています。現代人はすっかりその利便性に慣れ親しんでいますし、今急に24時間365日営業をやめられてしまうとパニックになってしまう可能性すらあります。このように、人間とは慣れてしまう生き物なのです。話を戻しますが、現代人はすっかり高速インターネットに慣れてしまっていますし、通信速度が遅くなるととてつもないストレスを感じてしまいます。通信速度はそれだけ重要ですし、格安SIMに乗り換えを検討している方が通信速度について懸念を抱いているのも理解できる話です。

格安SIMの通信速度

では、実際に格安SIMではどの程度の通信速度になるのかということですが、基本的にほとんどの格安SIMは大手携帯キャリアのスマホよりも通信速度がやや遅いです。ただ、これは言わなければ気づかない人もいるくらいですし、そこまで気になるようなものではないでしょう。明らかにストレスを感じるくらい遅いとなると問題ですが、そのようなことはありません。ほとんどのユーザーは格安SIMでも普通にインターネットを楽しめていますし、動画の鑑賞などもできています。

現在では格安SIMを扱うMVNOも随分増えました。格安スマホ会社の数が圧倒的に増えたことで格安SIMの数も増えたのですが、中には粗悪なものを扱っているところもあります。そのため、すべての格安SIMで快適な通信速度をキープできると断言することはできません。多少品質の差は出てきてしまいますからそこは注意してください。現在では200社に近い数の格安スマホ会社が営業していると言われていますし、これだけの数の事業者がいれば粗悪なサービスを提供するところも少なからず出てきます。粗悪な格安SIMで契約してしまった場合だと通信速度が明らかに遅いということも考えられますから、なるべく信頼できるMVNOで契約することです。

ただ、基本的に格安SIMを検討している方の多くは月額料金を安くしたいと考えている方がメインです。大手携帯キャリアのスマホだと通信速度や端末のスペックなどを重視する方が多い傾向にありますが、格安SIMの場合はそれよりも安さを重視しているユーザーが多いのは事実でしょう。多くの格安SIMユーザーにとって通信速度が多少不安定というデメリットより、月額料金が圧倒的に安くなるというメリットを感じている方が多い傾向にあります。

平日の昼間に要注意

格安SIMでもほとんど問題なく通信できるというお話を先ほどしましたが、唯一注意しなくてはいけないのが平日の昼間です。平日の昼間はほぼすべての格安SIMが問題を抱えると言っても過言ではない魔の時間です。具体的にどの時間帯かということですが、昼の12時付近はもっとも通信速度が低下してしまいますから注意しておきましょう。いったいどうして平日の12時付近で格安SIMの通信速度が低下してしまうのかということですが、平日のこの時間帯というのはスマホを利用する人が一気に増えるからです。

心当たりがある方も多いと思いますが、お昼の12時というのは企業も昼休憩の時間となりますし、食事を終えてからスマホを触りだす人が一気に増えます。職場の中で同僚や上司がこぞってスマホを触っている光景を目にしたことがある方も多いでしょうが、これと同じことが日本全国で起きていると考えるとどうでしょう。さすがに通信回線も混雑してしまうでしょうし、自然と通信速度も遅くなってしまいます。それでも大手携帯キャリアのスマホだと快適なスピードを維持できているでしょうが、格安SIMとなるとそうはいきません。

もちろん、めちゃくちゃ通信速度が遅くなるということはありませんが、アプリのダウンロードなどには向いていないでしょう。普段よりも相当時間がかかってしまいますし、ダウンロードしているあいだにお昼休みが終わってしまうということも考えられます。ウェブサイトを閲覧したり、SNSを閲覧する程度なら多少遅いものの利用はできますし、そこまで大幅に利用が制限されるわけではありません。アプリのダウンロードや動画の鑑賞などは少々厳しいですから、できるだけお昼の12時近辺にこうしたことはしないほうが良いと思います。

これは格安スマホを利用するユーザーすべてが抱える問題と言っても過言ではありませんし、解決することはほぼ不可能です。そのため、格安SIMを利用するのなら「こういうものだ」とある程度割り切る必要も出てきます。多少通信速度が遅くなるとは言っても先ほどお話したようにウェブサイトの閲覧やSNSは普通に利用できるわけですし、たくさんの容量を使ってしまうことができないというだけです。わざわざお昼の限られた時間にそのようなことをする必要もないと思いますから、なるべく通信速度に余裕があるときに動画鑑賞などはしたほうが良いでしょう。

通信速度計測アプリの正確性

現在では通信速度を測定するアプリやサービスも存在します。無料で利用できますし、実際に使ったことがあるという方もおられるでしょうが、こうした通信速度を計測できるアプリの結果はあまり信頼できません。格安スマホ会社が手を加えていることもありますし、自社に有利な測定結果を出しているという話もあります。もちろん、どこまでホントなのかは不明ですが、実際に通信速度が遅いにも関わらず計測結果が良いということもありますからあながちウソではないのでしょう。

計測アプリの速度結果は不正操作されている可能性がありますからなるべく信頼しないことです。もちろん、中には信頼できるサービスもあるとは思いますが、やはり実際に使っている人が通信速度は一番よくわかっています。プロモーションとして通信速度の測定結果などを載せていることもありますが、これも本当に必要な通信速度が出ているという証明とはなりませんから注意しましょう。

また、先ほどMVNOの中には粗悪な格安SIMもあるというお話をしましたが、インターネット上には通信品質のランキングなどを紹介しているサイトもあります。実際に利用した方の口コミなどを参考にランキング化しているサイトもありますから、このようなサイトの情報なら信頼できるかもしれません。格安スマホ会社ごとに通信品質の良さをランク分けしていますから分かりやすいですし、初めて格安SIMへの乗り換えを検討している方にとっては参考になると思います。すべて鵜呑みにするわけにはいきませんが、参考にする程度なら良いのではないでしょうか。興味がある方はぜひ目を通してください。

まとめ

格安SIMの通信速度に関するお話をしてきましたがいかがだったでしょうか。通信速度は速くて安定していることに越したことはありませんが、格安SIM最大の魅力はやはり月額利用料金が安くなるということです。それがすべてだと考える方もおられるでしょうし、多少通信速度が犠牲になっても安ければそれでいいという方もおられるでしょう。ただ、それでもやはり通信速度は速いに越したことはないと思いますし、通信速度が安定していれば大手携帯キャリアのスマホと同じように利用できます。どうにもならない時間帯もありますが、それを踏まえたうえでなるべく通信品質の高い格安SIMを契約するようにしてください。