auから格安スマホに変更する際の注意点

大手キャリアと比べて携帯料金が大幅に抑えられると最近よく話題になる格安スマホ。その格安スマホを提供するMVNO(モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)の多くはドコモ系の回線を使っています。そのため現在ドコモに契約している方はそのまま移行できるのですが、auから格安スマホに変更する場合はどうなるのか情報が少ないのが現状です。そこでここではauから格安スマホに変更する際の注意点を解説します。

そもそも格安スマホって?

まず、そもそも格安スマホとはどういうものなのかの説明をしたいと思います。格安スマホというのは、その名の通り格安でスマホが使える契約のこと。格安スマホ(端末)と格安SIM(MVNO契約)の2つを合わせて格安スマホと呼ばれることも多いですが、格安SIMのみでの契約も可能です。また格安スマホはキャリアに関係なく使える、いわゆるSIMフリー端末であることがほとんどですね。

ドコモ・au・ソフトバンクなど大手キャリアに契約しているときの携帯料金は平均して月額7,000~8,000円だと言われていますが、格安スマホにすると(契約プランにもよりますが)平均して月額2,000円程度に抑えられるのです。ここまで値段に開きがあると何か不都合があるんじゃないかと思われがちですが、格安スマホの場合もドコモやauの回線を使って運営されていますので、電波の拾い具合などは大手キャリアと変わらないのです。

なぜ格安スマホは安いのか?

格安スマホが安い理由ですが、ざっくり説明すると「大手キャリアの回線を借りているから」です。まずドコモ・auなど大手キャリアの場合は基地局の設置をするのに莫大な費用が掛かっていますから、それを回収するために料金設定が高めになっています。格安スマホの場合はその回線を一部間借りしているだけですので、料金もそれだけ低めに設定されているというわけです。

とはいえ格安スマホが大手キャリアと遜色ないのかと言えばそういうわけでもありません。やはり多少回線品質は落ちますし、回線が混み合っている都会の通勤時間帯や、お昼休みの時間帯は通信速度が大幅に落ちると言われています。

ただそこまで最高の通信速度や回線品質にこだわらないライトユーザー層からすれば「ちょっと遅いな」「たまに繋がりにくいな」程度のことで月額料金が1/3~1/4になるわけですから、さほど問題にはならないんですよね。大手キャリアのプランはどちらかというと最高品質を求めるヘビーユーザー向けになっているため料金が高いという見方もあります。

auから格安スマホに変更する際の注意点

格安スマホ(端末と格安SIMの契約)の場合、移行前がauでもドコモでも関係なく契約することが出来ます。au端末をそのまま使いまわそうとすると注意する点がたくさん出てくるのですが、基本的にそのMVNOで提供されている端末も一緒に購入するのであれば問題ありません。

契約更新月以外に解約すると違約金が掛かる

auから格安スマホに変更する際に注意しなくてはいけない点としては、解約時の違約金の問題でしょう。これはauに限らず各キャリア共通なのですが、違約金はそれなりに高額なので出来るだけ違約金を払わなくてもいいタイミングで解約することが重要です。

auの場合、違約金を払わなくてもいいタイミングは「契約更新月」です。2年契約している場合、24カ月目が契約満了月で、その翌月(25ヶ月目)と翌々月(26ヶ月目)が契約更新月となっています。また違約金は誰でも割(2年契約)の場合9,500円も掛かりますので気を付けましょう。

キャリアメールが使えなくなる

auから格安SIMに変更するということはキャリアを解約するということなので「@ezweb.ne.jp」のキャリアメールは使えなくなります。とはいえ現在メインの連絡手段はすでにメールではなくLINEなどのメッセージアプリですし、ビジネスメールでさえGmailがスタンダードになっていますので困ることは少ないと思いますが、キャリアメールが使えなくなるとどうしても困るという方は格安スマホに変更しない方がいいでしょう。

また意外と知られていないようなのですが、5年ほど前あたりからキャリア関係なくSMS(ショート・メッセージ・サービス)が送受信できるようになっています。つまり電話番号さえ分かっていれば誰にでもショートメールは送れますし、今やキャリアメールの必要性はほぼなくなったと言えるでしょう。

MNPする場合は手数料が掛かる

MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)という制度があり、今お使いの携帯電話番号をそのままでキャリアを変更することが出来ます。auから格安スマホにMNPする場合、MNP転出手数料として2,000円掛かりますが、ドコモやソフトバンクの場合は3,000円なのでちょっとだけお得ですね。

またMNPの手続きには期限があり15日間を過ぎるともう一度やり直しになってしまうため、引っ越しなどの忙しい時期と重なる場合は期間にも余裕を持って行いましょう。

現在使っているau端末を使い格安SIMだけ契約する場合

今使っているスマホを替えたくないという場合、端末はそのままで格安SIMだけ契約するという方法もあります。ただこの方法は格安スマホを契約する場合と比べて注意する点がいくつかありますので、その解説をしていきます。

au回線の格安SIMを選ぶ必要がある

格安SIMを提供するMVNOの多くはドコモ回線で運営されています。そのためドコモの端末を使っている場合はSIMフリー機じゃなくてもAPN(アクセス・ポイント・ネーム)を変更するだけでそのまま移行出来てしまうのですが、au端末を使っている場合は数少ないau回線の格安SIMから選ばなくてはいけないのです。もっとも選択肢が少ないとはいえau回線のMVNOはどこも評価が高く、憂うような事態にはならないはずです。

au回線の格安SIMは3社だけ

手持ちのau端末を使って格安SIMに変更する場合は以下のMVNOから選ぶ必要があります。どれも満足度の高いMVNOとなっていますので、公式サイトをチェックして自分に合ったところを選びましょう。

UQmobileの特徴と詳細について調べてみました。
UQmobileUQmobileの特徴と詳細について調べてみました。料金・通信速度で選ぶなら!UQコミュニケーションズ株式会社WiMaxで有名なUQコミュニケーションズが運営するUQmobileは、国内で唯一となるau回線専門の格安SIMサービス(MVNO)です。
マイネオ(mineo)の特徴と詳細について調べてみました。
マイネオマイネオ(mineo)の特徴と詳細について調べてみました。株式会社ケイ・オプティコムマイネオ(mineo)はdocomo/auの回線を利用した格安SIM会社なので、docomo/auのスマホにマイネオ(mineo)のSIMを挿してそのまま使うことができます。
IIJmioの詳細
IIJmioIIJmioの詳細株式会社インターネットイニシアティブ

個人的におすすめなのがUQモバイルです。UQモバイルの特徴としてはauの直接の子会社が運営しているため、他のMVNOと比べて回線速度・回線品質ともに国内MVNOの中でトップクラスとなっていることでしょう。国内のほとんどのMVNOはドコモ系ですが、それらを含めてもUQモバイルがNo.1という話をよく耳にします。

またUQモバイルの場合はデータ無制限プラン(500kbps)があり、速度は500kbpsに制限されているものの大容量の通信をリーズナブルな価格で利用することが出来ます。au端末をそのまま使う際の格安SIMの移行先としてはUQモバイルをおすすめします。

auから格安スマホに変更する際の注意点・まとめ

  • 格安スマホにすると月額2,000円程度でスマホが使える
  • 格安スマホはドコモ、auの回線を使っているため繋がりにくいということはない
  • 契約更新月以外に解約すると違約金が掛かる
  • キャリアメールが使えなくなる
  • MNPする場合は手数料が掛かる
  • au端末を使い格安SIMだけ契約する場合はau系MVNOを選ぶ

auから格安スマホに変更する際の注意点としては違約金が掛からないようにすることがもっとも重要ですので、契約更新月のチェックを忘れないようにしましょう。MNPを利用すれば電話番号はそのまま維持できますし、格安スマホで端末も購入してしまえばドコモ回線の格安SIMも問題なく利用することができます。手持ちのau端末を使い格安SIMだけ契約する場合はau系MVNOを選ぶという注意点がありますが、他の場合は特にストレスなく移行することが出来るでしょう。