最近は様々なメディアで格安スマホという言葉を見る機会も増えましたが、ドコモ・ソフトバンク・auなどの大手キャリアから格安スマホに乗り換える際にはいくつか注意点があり、それを知らないまま移行しようとすると「こんなはずじゃなかったのに!」と思わぬトラブルに発展する場合があります。

そこでここでは大手キャリアであるドコモから格安スマホに変更する際の注意点についてまとめてみました。

目次

そもそも格安スマホはなぜ安いのか

51ccb301a0532ee1cceb58a6c9db6c26_s

まず最初に、大手キャリアと比べて格安スマホは料金がかなり低めに設定されています。これは別に大手キャリアがぼったくっているわけではなく、ちゃんとした理由があるのです。
結論から言いますと格安スマホが安い理由は「サービスを簡略化しているから」です。

大手キャリアが全部入りのフルサービスだとしたら、格安スマホはある程度設定やトラブルを自分で解決できる人向けだと言えるでしょう。そのため、大手キャリアのようなサービスやサポートを求めている人が安易に格安スマホに乗り換えてしまうと「サービスが悪い!」「こんなはずじゃなかった!」とトラブルのもとになってしまうわけですね。

そういった意味では機械の設定が苦手な女性や年配の方にはあまりおすすめできないかもしれません。

キャリアメールが使えなくなる

大手キャリアから格安スマホに変更するということは当然今契約しているキャリアを解約するということですから「@docomo.ne.jp@SoftBank.ne.jp@ezweb.ne.jp」といったキャリアメールが使えなくなってしまいます。

格安スマホを提供しているMVNOの中にはキャリアメールとして使えるメールアドレスを提供しているところもありますが、基本的に今まで使っていたキャリアのメールアドレスは使えなくなるものと考えたほうがいいでしょう。そのためどうしても携帯電話のメールアドレスを変更したくないと思っている方は注意が必要です。

サポート体制の違い

最初に少し触れましたが、格安スマホの場合は基本的にサポートが電話かオンライン(メール)経由となります。最近では実店舗を持つMVNOも増えてきてはいますが、大手キャリアのように一つの街にいくつも店舗を構えているわけではありませんので、いつでも対人でサポートしてもらえると考えている方は注意しましょう。もちろん「インターネットが繋がらない」「端末が故障していた」などの根本的な不具合に関してはサポートしてもらえますが、端末の設定など細かい部分に関しては基本的には自分でやりましょう。

また大手キャリアでは端末が故障して修理してもらっているときに貸出機を借りられるサービスがありましたが、格安スマホの場合そういうサービスを提供しているMVNOは一部となりますので、事前に調べておくといいでしょう。

大手キャリアほどは速度が出ないのが当然

格安スマホを提供しているMVNOは、ドコモ・auなどの回線を一部借りて運用しています。そのため大手キャリアほどは速度が出ないのが当然で、MVNOによっては混んでいる時間帯(通勤時間帯・昼休み・就寝前など)は回線速度が大幅に落ちる場合があります。

どれほどの回線速度を求めるかは人それぞれだと思いますが、大手キャリアと変わらない回線速度を求めている方は格安スマホを選ばないほうがいいでしょう。もっとも外出先でパソコンにテザリングするわけでもなく、SNSやゲームをやる程度の利用なら問題ないとは思いますが。

カケホーダイプランで通話を多用していた方は注意

格安スマホを提供するMVNOにはドコモで提供されていたような無制限のカケホーダイプランはほぼ存在しません。2016年あたりからはオプションで「5分かけ放題プラン(5分以内の通話なら定額)」など通話時間が限定されるかけ放題サービスが普及してきましたが、これもMVNOによってサービス内容がまちまちなので通話を多用していた方は事前にどういうかけ放題プランがあるのかチェックしておいたほうがいいでしょう。

個人的にはですが、スマホアプリを使うよりも電話回線を使った通話メインで運用しようと考えている方は格安スマホではなく大手キャリアに契約しているほうが結果的にお得になるのではないかと思います。余っている端末があるのでしたらデータSIMの契約という方法もありますし、もちろん個人の使い方によりますので十分な検討が必要でしょう。

違約金の支払いが必要となるケースがある

大手キャリアを解約するときに注意しなくてはならないのが俗にいう「2年縛り」です。最近だと2年縛りがないプランもあるようですがその分月額料金が割高に設定されていますので、多くの方は2年縛りで契約しているでしょう。この場合、特定の期間以外に解約すると違約金を支払わなくてはなりません。2年縛りで契約している場合、違約金を支払わなくてもいいタイミングは定期契約満了月の翌月と翌々月の2カ月間だけです(※2016年3月までは1カ月間でした)。

違約金が掛かるプランは「カケホーダイプラン」「データプラン」「Xiデータプラン にねん」などの通話・通信プランと「ひとりでも割50」「ファミ割MAX50」「定額データ スタンダート割」などの割引サービスが対象となっており、多くの場合違約金は9,500円(税抜き)となっています。この2年縛りはシステム的にも理解しにくく消費者トラブルも多く挙げられていましたので、ドコモを解約する際には自分の契約満了月をあらかじめ確認しておくことを強くおすすめします。

確認方法としてはドコモお客様サポートへの電話問い合わせ(通話無料)が確実ですが、My docomoから確認することもできます。

端末を引き継ぐ場合は動作確認のチェックを

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

MVNOの提供する格安スマホ(回線契約とともに端末も購入)を利用する場合や自分でSIMフリー端末を購入する場合を除き、自分の持っている端末が契約するMVNOの動作確認端末に指定されているのかのチェックが必要です。多くのMVNOはドコモの回線を利用しているため基本的にはドコモで使っていた端末はそのまま引き継げるのですが、少数ながらauの回線を利用しているMVNO(UQ-Mobileやmineoなど)もありその場合ドコモ端末は使用できないと考えていいでしょう。

またドコモで提供されているiPhoneも特殊な扱いになる場合がありますので、MVNOが提供している動作確認済み端末のページを事前にチェックしておきましょう。

ドコモから格安スマホに変更する際の注意点・まとめ

さてここまでドコモから格安スマホに変更する際の注意点をいくつか挙げてきましたが、ここで一度おさらいしておきましょう。

  • ドコモで使っていたキャリアメールは使えなくなる
  • フルサービスのサポートは期待しないほうがいい
  • 修理中の貸出機サービスの有無はMVNOによって確認が必要
  • 混雑時などは回線速度が著しく遅くなることがある
  • 通話主体で運用するのなら大手キャリアの方が安い場合もある
  • 2年縛りの違約金が掛からないタイミングを把握しておく
  • 今使っている端末を引き継ぐ場合は動作確認済みページのチェックが必要

格安スマホの世界は未だ発展途上のため、今後も状況が変わることが想定されます。これまで挙げた注意点の他にも気をつけなければならない点が出てくることも考えられますので、大手キャリアから格安スマホに変更する際は規約内容や各MVNOのサービスなどを十分に比較し検討することをおすすめします。