通信サービスの自由化により生まれたMVNOと呼ばれる、新しい会社が続々と市場に参入しており、これまでの大手通信会社ではできなかった料金の低価格化がされています。
格安スマホはこの通信網を利用してスマートホンを利用する仕組みで、大きく分けて2つのタイプがあります。格安SIMを購入して自分でスマートホン本体に挿入して使用する物と、通信会社がスマートホンまで合わせて提供する物です。どちらもこれまでのサービスに比べ非常に安く使えるとあって非常に人気が高まっています。

格安スマホがお得に買える場所についてご紹介

元々MVNOは大手通信会社の回線を通信会社が借りてその中でサービスを行う物であるため、自営の設備がなく、またサービスも限定されていることが多いものです。そのため大手通信会社に比べサービス性が劣るとして敬遠されてきた面がありましたが、最近ではさまざまなサービスが用意されることが増えており、その使い勝手が向上ししています。
さらに、対応するスマートホンも以前は非常に限定されていましたが、最近では比較的新しい機種、若しくは独自の機種を発表しているところもあり、機能面でも大手キャリアに劣らない所が増えています。その為、非常に人気が高まっているのです。
しかし、格安スマホはどこで買う?と悩んでいる人も多いものです。出来るだけ安いところで買いたいと考える人も多いのではないでしょうか。
格安スマホを購入する方法としては、ネットから申し込みをして買う方法と、量販店で購入する方法があります。どちらもそれぞれメリットデメリットがあり、自分に合った購入方法を選ぶことが大切です。

格安スマホをネットから申し込んで買う方法

格安スマホはネットから申し込みをして購入すると非常に便利です。その理由は、殆どの会社は実際の店舗を持っていないことが多いため、ネットで申し込むことで多くの会社から自分に合った会社や機種を選ぶことができるためです。
格安スマホの最も基本的な購入パターンは格安SIMを購入し自分でスマートホンを用意して利用する事です。会社やサービスにより対応出来る機種が限られるため、これを調べてからスマートホンを用意する事が必要になりますが、これまでの大手通信会社の様に契約時に機種も選ばなければいけないという物ではなく、格安SIMだけを入手することで条件が合えばこれまで自分が利用してきたスマートホンをそのまま利用する事も出来るので非常に便利です。又、ネットから申し込みをする場合には値引きなどを適用してくれる会社が多く、非常にお得であることもこの方法が普及している大きな理由です。
但し、ネットから申し込みをする場合には注意しなければいけない点もいくつかあります。第一にすぐには使用出来ないことです。申し込んでから格安SIMが手元に到着するまでは当然使用出来ませんし、自分でスマートホンを購入しておかないとすぐには使えないものです。またスマートホンも単に適応する機種で有ればよいという物ではなく、格安SIMが使用出来る環境に設定を変更しておかなければならない場合も多いのです。
最近では機種は余り選べませんがスマートホンをセットにしている会社も増えているので、こだわりがなければこのサービスを利用するのも良い方法です。

格安スマホを量販店で買う方法

格安スマホでも最近では量販店で取り扱われることが増えています。また、中には実店舗を持っている会社も登場し、大手通信会社と同じように店頭で実際に操作をして確認した上で購入できる所が増えています。
実店舗で購入する場合には第一に実際の機種を確認して申し込むことが出来るのが大きなメリットです。特にスマートホンを一緒に購入する場合、これまで自分が使用したことのない機種で有る場合も多く、この場合には実物を動作させて使い勝手を確認して見ないと不安が大きいものです。
また、量販店で購入する最大のメリットはその場で使い始めることが出来ることです。通販の場合には格安SIMやスマートホンが送られてくるまでは使うことができませんが、店頭で設定してすぐに渡してくれるのでその日から使用する事が出来るのが非常に便利です。
また、使い方やその他疑問についてはその場で確認することができますし、使い勝手を確認することが出来るのも非常に大きなメリットとなっています。
また、店頭で格安SIMだけを購入することができる場合もあります。この場合自分で用意したスマートホンを持ち込むことで動作確認が出来る場合が多く、さらには店によっては設定を行ってくれるサービスを行なってくれるところもあります。また、中古品などを含めスマートホン本体を別途販売しており、併せて購入することで設定を行ってすぐに使用出来る状態にしてくれる場合もあります。これらは殆ど購入時には無料で行ってくれるので非常にお得です。購入後すぐに使用出来るようになる事が量販店で購入する大きなメリットです。

ネットから申し込み、量販店のそれぞれのメリット、デメリット

格安スマホを購入する際の方法にはネットから申し込みをする方法と量販店で購入する方法があり、それぞれにメリットとデメリットが有る為、その内容をよく理解して購入方法を選ぶことが大切です。
ネットから申し込む方法ではほとんどすべての会社が申し込みを受け付けていますので、その中から自分の使い方に合ったサービスや料金体系を持った会社のサービスを選ぶことができます。その選び方は色々で、料金面だけを考える場合や、使いたいスマートホンから選ぶ場合など様々ですが、どの様な選び方でも自分に合ったサービスを選ぶことができるのが大きなメリットといえます。
ただし、ネットから申し込みをする場合にはすぐに使用出来ないことや、詳細なサービス内容については自分で調べて比較しなければならない点などが面倒であり、ある程度知識がある人でないとなかなか自分で選んで申し込むのは敷居が高いと感じる人も少なくありません。
量販店で購入する場合には従来の大手通信会社と同じような買い方ができるのが大きなメリットとなります。特にスマートホンとセットで販売されている場合には料金面の部分をしっかりと注意しておけば殆どの場合には問題なくすぐに利用出来るようになるのが良いところです。また、店舗によってはスマートホンの持ち込みを対応してくれるところもあります。但し、量販店では取り扱っている会社が少ないことから、その選択肢が限られてしまうことがデメリットとなるため、十分な注意が必要です。

まとめ

格安スマホは従来の大手通信会社のサービスに比べサービス内容は限定されますが料金が圧倒的に安いのが最大のメリットとなります。その為、これまで通信料や通話料が高いと感じていた人にとっては、非常に良いサービスとして受け入れられています。
素の申し込みの方法としてはネットから申し込みをする方法と量販店で購入する方法があり、それぞれメリットとデメリットがあるのでその内容をよく理解して選ぶことが大切です。一般的にはある程度知識があり、使い初めまで待つことができる場合はネットから申し込みをする方法が選択肢が多くより安い会社やサービスを選ぶことができますが、あまり知識がない場合には量販店で購入した方が便利です。
但し、格安スマホのサービスにはいろいろな特徴があり、この特徴を最低限把握しておくことは非常に重要です。利用している大手通信会社がカバーする通信エリアやサービス内容にも大きな影響を受けるので、その内容をしっかりと確認しておくことが大切です。せっかく料金が安くなったのに自宅では思うように通信ができなかったり、品質が悪いというのでは大きな問題になるからです。
また、格安スマホはこれまで大手通信会社が行なっていなかった様々なサービスを設定する事で価格を下げていることも 少なくありません。これらのサービスの中には、量販店で購入したのでは選択できないものも有るので、その取扱い内容も十分に確認した上でどこで買うのかを選ぶことが大切です。