最近なにかと噂の格安スマホですが、料金が大幅安くなる分デメリットやトラブルについて事前に知っておきたいと思いますよね。

現在では格安スマホを購入後、消費者生活センターにトラブルで問い合わせをする方も急増しているそうです。

今回は格安スマホでよく起こりがちなトラブルとその対処法について解説していきます。

目次

店頭サービスが受けにくい

格安スマホはたいがい、料金が安い分、オペレーションのコストをおさえていることがほとんどです。大手キャリアでスマホを使用していて何か困ったときにサポートが受けていられたことを基準に判断してしまうとがっかりすることもしばしば。格安スマホではほとんどがWEB窓口や、電話受付のみがほとんどです。

実際に最寄りに店舗がある大手キャリアと同等のサービス基準を担保することは難しいため、契約や利用開始の手続きについても自分で一から調べる必要があるでしょう。

良く起こりがちなトラブルについては、何か不具合があったときにWEBだけで事例が見つからなかったりした場合、何日かスマホが使えない状況に陥る可能性があるということです。

■対処法について

事前に格安スマホの契約前にアフターケアについて、どのくらい担保されるのか、調べておくということが挙げられます。楽天モバイルのように実店舗が増え始めているところもあるのでチェックしてみると良いでしょう。

大手キャリアでは無料のサービスが有料の場合がある

こちらも格安スマホ利用の際にはトラブルが起きやすい項目の一つです。

例えばよく挙げられるものとしては、フィルタリングサービスや、故障した際の代替機の貸し出しなどです。

◎フィルタリングサービスについて

現在ほとんどの格安スマホには基本設定でフィルタリングサービスがついていないのが、現状です。よって子供の有害なサイトへのアクセスや、ウイルスに感染するようなサイトに誤ってアクセスしないよう対策をとるためには個別にフィルタリングサービスを契約することが必要になってきます。

■対処方法について

有料のフィルタリングサービスを提供しているアプリ、サービスを利用する。

下記のようなアプリがあるので参考にして使用してみると良いでしょう。

(例)Yahoo!あんしんねっと、スマモリ、Filiiなど

◎故障した際の代替機の貸し出しについて

こちらは最近だとほとんどの格安スマホで有償の保証サービスが存在しますが、一部の会社ではまだ代替機の貸し出しサービスがない場合もあります。

■対処方法について

事前に各社の有償保証サービスについてどのような条件で、どのような内容の保証を受けられるのか確認しておくことが必要でしょう。

端末とSIMカードに関するトラブルについて

使用する端末により、使いたいSIMカードが使用できない場合がある。

これはどういったことが原因で起きるかというと、端末によって対応が可能なSIMが限られているケースが存在するためです。

■対処方法について

あらかじめ手段や、手順を確認しておく必要があります。

どうしてもわからない場合は、質問事項をまとめて事前に格安スマホの会社に問い合わせて疑問に対する答えを得ておきましょう。

メールアドレスが使用できなくなった

通常、大手キャリアにおいてauであれば・・・@ezweb.co.jp、ドコモであれば・・・@docomo.co.jpソフトバンクであれば・・・@softbank.ne.jpなどキャリア用のアドレスが存在するのが普通です。

格安スマホに切り替えた場合、普段からフェイスブックやラインなどのSNSやメッセンジャーをメインにやりとりをしている方は特に不都合はないかと思うのですが、キャリアのアドレスについては格安スマホに引継ぎすることはできません。

■対処方法について

SNSでのやりとりではなく、どうしてもメールアドレスを使ってやりとりをしたいという方はyahooやgmailなどのフリーアドレスを取得して、格安スマホで使用をされることをおすすめします。

通話料金が想定よりも高くつく

大手キャリア各社においては通常通話のプランも使用しない方向けから、たくさん利用する人向けまで複数のプランを用意していることがほとんどです。

例えば電話かけ放題のプランを大手キャリア時代に使用していた方は、格安スマホに切り替えた瞬間、ほとんどの格安スマホの会社でかけ放題のプランが存在しないため、以前よりも高い通話料金を払うというケースも多いです。

■対処方法について

実際メールはアドレスを取得しなければいけませんが、よほど通話の音質にこだわる、という方でなければ各種SNSの通話アプリを使用するのも一つの手です。

例えばライン通話や、カカオトークでの通話、フェイスブックでの通話機能各種通話アプリもひと昔前と比較しだいぶ機能が改善されてきていますし、料金を最も重視する方であれば使わない手はないでしょう、

通話アプリでは満足できない方については格安スマホ契約時に、同時にIP電話の契約をするという方法も存在します。

中古端末を購入した際に使えない場合がある

スマホの端末代というと、数万以上の買い物で安くはないと思う方も多いのが現状です。

分割支払いはちょっとという方は少しでも安く購入したいと思い、中古の端末を販売している店舗や、ヤフーオークションやメルカリなどプラットフォームなどで購入をしているという現状があります。

ただし、注意しなければいけない点があります。安く買えるのはいいのですが、出どこのわからない盗品や、前利用者端末の分割払いが終わっていないものについてはネットワーク利用制限がかけられており、通話機能、通信機能が使えなくなっています。その場合、購入した場所に連絡して問い合わせを行う必要があります。結果手間がかかってしまい、通常通り金額を多く払ったほうが
よかったということも多々あります。

■対処方法について

スマホ個体にはそれぞれ、製造番号というものが存在します。

製造番号を確認することでその端末にネットワーク制限がかかっているかあらかじめ調べることが可能です。オークションサイトなどで番号を開示していない出品者などには必ず番号を開示してもらってから、購入を検討するようにすると良いでしょう。

通信速度が遅いときがある

格安スマホ利用時に多くの方がこの悩みに直面するといいます。

大手キャリアにおいてはどの時間においてもある程度の通信速度が担保されていますが、格安スマホにおいてはこの速度に各社かなりばらつきがあるのが現状です。

特にトラフィックが集中する昼間から夕方にかけては遅くなるという調査報告もあるようですから、日常的にネットで何か調べものをしたり動画を視聴したりという方は不満を抱くケースも多いようです。

■対処方法について

ある程度の速度は事前に調べることは可能ですが大手キャリアと比較するとどうしても劣ってしまうのが現状です。

スマホでどうしてもネットを使いたいという方はwi-fiを常に併用し速度を担保する。もしくはスマホでなくてPCもしくはタブレットで検索をするようにするなど何かを併用して対策をとることが求められるでしょう。

ただし注意したいのはwi-fiを契約することで、結果格安スマホに切り替えたのに大手キャリア使用時とあまり金額が変わらなかったということ。事前にしっかりと下調べしてから契約をしましょう。

以上、格安スマホで起こりがちなトラブルとその対処法についてまとめましたが、安いものを選ぶ際には必ずメリットとデメリットを確かめて、納得した上で契約するようにしましょう。